« ファンタジーサッカーmini10 第1節プレビュー | Main | ガラパゴス化する日本 »

March 06, 2010

操舵不能

FC東京1-0横浜FM

消化不良の前半に劇的なロスタイム決勝弾と、今季の紆余曲折を予感させる開幕戦だった。去年はなかなかスムースにいかなかったカウンターが素晴らしく綺麗に決まったことを素直に喜びたい。

とはいえ不安なところがいろいろあって、手放しでは喜べないのも事実。

前半のモヤモヤの原因はとにもかくにも急造ボランチコンビ。奪えない溜められない展開できないでは攻めにならない。確かに守りはまずまず安定していたと思う。横浜に完全に崩されたシーンはほとんどなかった(横浜も手詰まり感が強かったね)。でも、肝心のポゼッションサッカーの核は機能していなかった。徳には気の毒だった。サイドとセンターとでは視界が全く違うものね。なんかもうちょっとやりようがなかったものだろうか。

今日、できれば梶山は使いたくなかったのではないのかな。でも使わざるを得なかった(そして、開幕に間に合ってしまう梶山に驚かされる)。ナオだって100%のコンディションではなかっただろう。ただ、あの時間帯だから行けたし、相手DFに対しても脅威になった。采配が上手くいったと言えばそうかもしれないが、やはりスタメンでしっかりゲームを作れないとこれから先が思いやられる。守備的に入って、後半勝負でもいいけど、梶山が完全に戻ってくるまでは、しばらくフラストレーションが溜まるゲームが続きそうだな。

何にしても白星発進でよかった。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第1節プレビュー | Main | ガラパゴス化する日本 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/47742044

Listed below are links to weblogs that reference 操舵不能:

« ファンタジーサッカーmini10 第1節プレビュー | Main | ガラパゴス化する日本 »