« 日本辺境論 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第1節プレビュー »

February 27, 2010

カウントダウン

227vs_3

待ちきれない支援者が小平に集結。今年一発目の「東京コール」はなんとなく気恥ずかしい。

今日出場した選手はサブ組で、前半は1-25-4-15-17-10-27-24(→19)-18-16-9。シオのコーチングが響きわたる。ナオは70~80%ぐらいの出来。梶山は60%程度。それでも格の違いを感じさせるプレーぶり。慣れないSBで出た平出が1対2を何度か作られて、結局そこからのクロスを決められ先制される。シオの平出に対するコーチングがさらに響き渡るw。ソータンがボランチに入りちょっとは成長したかと思ったけれど、前へ行けばいくほど変わっていなかったのが残念。大竹も大竹のままだったし。

後半は1(→21)-28-25-17-26-4-29(→32)-27-19-16-24。リカがちょっと引き気味で動きまわり、健太郎も連動して中へ外へと動きまわる。巧も果敢に飛び出し、いい感じでFWの2人と絡んでいく。やっぱり今年の昇格組はやりそうだ。高橋はボランチに上がって捌きの上手さを披露。相手の問題もあったけど、後半の方がダイナミックな感じがした。

さて、今日のゲームに出なかった選手たちが明日の非公開練習試合に出場ということで、それはすなわち開幕スタメンの有力候補ということでしょう。本来は、20-2-3-6-5-7-22-14-8-11-13ということなんだろうけど、米本の怪我の具合がよくわからず、駄目となると誰がボランチに入るのかが焦点。ポイントは、あと1週間でナオのコンディションがどれだけ上がっていくか。今日の高橋の感じを見ると、今ちゃんを上げて入れるか、それともそのままボランチに入れるかも、ありじゃない。

何にしても、あと1週間で始まりますよ。

|

« 日本辺境論 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第1節プレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/47681355

Listed below are links to weblogs that reference カウントダウン:

« 日本辺境論 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第1節プレビュー »