« January 2010 | Main | March 2010 »

February 2010

February 27, 2010

カウントダウン

227vs_3

待ちきれない支援者が小平に集結。今年一発目の「東京コール」はなんとなく気恥ずかしい。

今日出場した選手はサブ組で、前半は1-25-4-15-17-10-27-24(→19)-18-16-9。シオのコーチングが響きわたる。ナオは70~80%ぐらいの出来。梶山は60%程度。それでも格の違いを感じさせるプレーぶり。慣れないSBで出た平出が1対2を何度か作られて、結局そこからのクロスを決められ先制される。シオの平出に対するコーチングがさらに響き渡るw。ソータンがボランチに入りちょっとは成長したかと思ったけれど、前へ行けばいくほど変わっていなかったのが残念。大竹も大竹のままだったし。

後半は1(→21)-28-25-17-26-4-29(→32)-27-19-16-24。リカがちょっと引き気味で動きまわり、健太郎も連動して中へ外へと動きまわる。巧も果敢に飛び出し、いい感じでFWの2人と絡んでいく。やっぱり今年の昇格組はやりそうだ。高橋はボランチに上がって捌きの上手さを披露。相手の問題もあったけど、後半の方がダイナミックな感じがした。

さて、今日のゲームに出なかった選手たちが明日の非公開練習試合に出場ということで、それはすなわち開幕スタメンの有力候補ということでしょう。本来は、20-2-3-6-5-7-22-14-8-11-13ということなんだろうけど、米本の怪我の具合がよくわからず、駄目となると誰がボランチに入るのかが焦点。ポイントは、あと1週間でナオのコンディションがどれだけ上がっていくか。今日の高橋の感じを見ると、今ちゃんを上げて入れるか、それともそのままボランチに入れるかも、ありじゃない。

何にしても、あと1週間で始まりますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2010

日本辺境論

Nihonhenkyouron

日本辺境論/内田 樹
新潮新書 ISBN978-4-10-610336-0

『君が代』と『日の丸』の発祥を御存じだろうか。君が代の曲をつけたのはイギリス公使館にいた軍楽隊長のジョン・ウィリアム・フェントンと言う人で(日本人の手で多少改変されて現在の曲になった)、彼がどこの国でも国歌というものがあって、儀礼のときに必要だからというアドバイスで明治初期に制定されたという。「世界基準だから」設定されたのであって、もともと固有に日本にあったものではないのだ。日の丸も、「日の本」という言い方は、中国から見て東=日が昇る方角にある国という意味で、これも日本固有の起源を表すものでも何でもない。日本を語るということは、このことが万事なのである。

Continue reading "日本辺境論"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2010

10年SOCIO

10年SOCIO

ソシオになったのが東京スタジアムができた年です。御礼状にもその一文がありました。そして、社長の直筆サイン。次にバッジが貰えるのは20年目。ムラバも、次の社長に申し送りしておきますと。とりあえず、生きてお金が払える限りは続けていく覚悟であります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2010

赤味噌ベースの和風ピザ

よしむらの和風ピザ@名古屋
刺し盛りなど美味しいものを沢山いただいたあと、締めに若者に人気の和風ピザが登場。赤味噌をトマトソース代わりに塗ったご当地メニュー。これがなんとも微妙な味わい。不味くはないのだけど、何と表現したものやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2010

チーム青森9-7米国代表

いやー、最後の一投は痺れましたね。見た感じ数センチの差もなかった。ミリ差ではなかったか。勝ったとわかったときちょっと震えが来ましたね。こういう幸運があると幸先いいです。とにかく力関係ではアップセットしたわけですから、この調子で行って欲しいですねぇ。
ちなみにランキングは以下のとおり。
1位 カナダ
2位 スウェーデン
3位 スイス
4位 デンマーク
5位 中国
6位 アメリカ
7位 スコットランド
8位 ロシア
9位 ノルウェー
10位 日本
(2010年1月時点。報道では日本は9位と紹介されていたので、大会前に更新されたと思われ)
快進撃の予感?
それにしても、カーリング面白ろす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2010

断固反対

今日、勢いで携帯サイト経由意見箱に放り込んでしまいました。移籍先候補として東京の名前が出てくることだけで気分が悪い。第一完全移籍にはエスパニョールが違約金を乗せて請求するとも言われていて、どこにそんな金があるんだということでもあるのだけれど、たとえ金があったとしてもあり得ない話でしょ。そんなにW杯が大事なら、去年素直に横浜に戻っておけばよかったんだよ。その尻拭いなんて絶対させないからな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2010

退屈な3-0

玉田、今ちゃんの邪魔すんじゃないよw。

それにしても退屈でしたね。3点ともしょっぱかったし。この気温でしかも雨、よく霞ヶ丘に行こうと思うよな。何を期待して観に行ってるんですかね、現場の方々は、オイラにはよくわからない。

なぜにノビ太は平山を頭から使わないのだろうか。これもよくわからない。ただ、その平山にしても何度かあったシュートチャンスを決めきれない。特にフリーで打ったのがクロスバーの上を通り過ぎて行ったのは決定的。ちんたらやってると、チームに合流してからがきついぞ。

あと、稲本なぁ。あれが、川崎の底にいるんでしょ、3月から。嫌だなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2010

寒かった

寒かった

寒かったですねぇ。たった一晩でマイ・レガシィがミニバンになってしまいました。

正月にやってしまった肉離れもやっと癒えて、1か月ぶりの岩鞍でしたが、あいにくの天気。ブカブカ雪でリハビリには辛いコンディション。脹脛はパンパンです。ただ、ブーツがやっと足になじんできたのは良かったかな。今週末も行けますように。

ところで、寒いと言えば、我がカーサで代表が随分とお寒いゲームをやらかしたようで。見に行かれた皆様にはご同情申し上げます。画面から寒さが伝わってきましたもの。常宿で酒を飲みながら見ていたつもりでしたが、いつの間にか終わっておりました。PKって何があったの?って感じです。ブーイングですか。代表のリアリズムに対してあまり期待をしない方がよろしいかと。

寒い季節には、ちゃんと寒い季節のスポーツがあるのです。バンクーバーは暖冬だそうですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2010

キャピタリズム マネーは踊る

多くの奴隷を使い栄華を極めたローマ帝国も最後は滅びたのだぞとでも言いたげに、しょっぱなからアメリカと古代ローマ帝国を重ねてみせる。皮肉たっぷりだ。今回は、リーマンショック前後でアメリカに起きたさまざまな事象を切り張りしながら(恣意的ファクトのコラージュはマイケル・ムーアの真骨頂)、資本主義と民主主義について考える。

Continue reading "キャピタリズム マネーは踊る"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2010

日本代表0-0ベネズエラ代表

見るべきものは何もなし。

FIFAランキングは別にしても、相手は若手中心でその意味では格下。いくらシーズン前とはいえ、海外組抜きでこのレベルではお先真っ暗。所詮東アジア選手権用のスパーリングマッチなわけでしょうが、もうちょっとどうにかなりませんかね。攻めらしい攻めになってなかったもの。そもそも、平山の使い方がわかってないでしょ。

こんなことなら、うちの5人全員引き揚げたいですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »