« ファンタジーサッカー09 第34節プレビュー | Main | 戦略の不条理 »

December 05, 2009

有終完美

新潟1-1FC東京

ゲームの興味はどこにもない。ただ勝つか負けるかでしかなかった。この期に及んでACL含みの4位などと高望みする気もない。それでも負けて帰るより勝ったほうがいいし、赤軍以上の成績だけは確保したいということでもある。

平山、梶山の2人が復帰し、とりあえず後半戦のベストメンバーで挑んだ最終戦ではあったが、目覚ましく素晴らしい出来栄えとはいえなかった。それでも、1列前に上がった羽生さんは決定的なシーンをいくつか作り、平山も前線で確実に橋頭保を築き、梶山は中盤のタメとサイドへの大きな展開で攻撃を活性化した。問題があったとすれば、クロージングする際の落ち着きのなさ。89分になぜ追いつかれてしまったのか。傍から見ていても終盤バタバタしていたし、集中力を欠いていた。中途半端な速攻を仕掛けるより、いつも通り中盤でキープして、ボールをつないで、遅攻ペースを作るべきだったように思う。後半立ち上がりの好機を得点に結び付けていれば状況ももっと楽になったとは思うが、それも結果論でしかない。終盤、梶山が2度ほどシュートチャンスを迎えたが、正面から見ているとタイミング的に打てないことはよくわかって、実際彼はシューターではないので、あれ以上を期待するのは足の具合を含めて難しいと思った。

サリを入れる直前のCKからの失点ではあったが、セットプレーはこれまでのメンバーで守り切ってから交代がセオリーだから、交代のタイミングは、あれはあれで間違いではないと思う。むしろ、フジと同時ぐらいに入れることで守り切るというメッセージを送ってしまったほうが確実だったかもしれない。本当は戦術的には佐原で5バックが正解のようにも思えるが、でも、JFKはサリを最初からピッチに送ると決めていたのではないだろうか。どんな展開になってもだ。そんな気がする。逆に1-0の拮抗した状況だったがために投入が遅れたともいえよう。

でも、嬉しかった。7番と8番が東京でプレーできる最後のチャンスに同時にピッチに立つことができて、本当によかった。そして、その姿を生で見ることができて、これはサポ冥利に尽きるというものだ。しかも、帰りの新幹線で、去年の仙台のときのように、またも選手たちとはち合わせてしまった。サリは見つからなかったが、フジとは握手もできた。なんという僥倖。ゲームの結果はちょっぴり天気のように重かったけれど、終わりよければすべて良しとはこのことなのだ。

フジ、サリ、本当にお疲れ様。そして、ありがとう。第2の人生に幸多からんことを。

|

« ファンタジーサッカー09 第34節プレビュー | Main | 戦略の不条理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/46945017

Listed below are links to weblogs that reference 有終完美:

« ファンタジーサッカー09 第34節プレビュー | Main | 戦略の不条理 »