« のこり3つ | Main | ぼちぼち来年の話① »

November 17, 2009

存続の対価

今日の理事会で審議され、川向こうのチームは来季もJリーグに留まる事が決定した。なので、ダービーが半世紀は無理という前言はとりあえず撤回しておこうw。ただ、その代償は選手のリストラとなって早くも現れている。今回報道された非契約7選手の中には、やっぱりというか、案の定というか小僧も入っていた。うちのフロントはもう戻す気はないだろうなぁ。

ヴェルディに課せられた5億4千万という宿題も、ヴェルディというブランドと東京という地域性に助けられているように思う。元親会社からもまだ1億出ているらしいし、恵まれている方だ。これが地方に行くとそう簡単にはいかない。その典型は大分で、J2陥落とともにスポンサーには逃げられるはで経営の建て直しを迫られている。ヴェルディよりも酷い状態だ。主力を放出してそれによって得られた移籍金、育成費で赤字を少しでも減らし、あとは自前の選手で粛々とやっていくほかない。不況の波は深刻で、景気のいい話はJ1に上がる仙台ぐらいだろう。

東京もカボレの移籍、ナビスコ優勝といった資金的なプラス要素はあるにしても、胸はまだ決まってないようだし、チームはチームでカボレの穴を埋めなかったツケを払っている状態だし、来季に向けて課題は前も後ろもたくさんある。ただ、補強はしなければならない。とにかく積み上げてきたものを無にしないためにも、そしてシーズン通じて安定した戦いを展開するためにも層を厚くせねばならない。ケチっていると路を踏み外しかねないのがいまのJ1 リーグだし、けが人で苦労するのは例年のことだけれど、これほど戦力的な影響を受けたのは今年が初めてではなかろうか。さらに言えば、サブメンバーの底上げを待っていては置いていかれる可能性が高い。現状維持はすなわち後退。明日はわが身だ。ぼちぼち来年の話しも始めましょうかね。

追記:11/20の各紙報道には6選手となっていて小僧の名前が消えてます。残ったのかな?17日の段階では「非契約を通告」となっていて、今回は「非契約を発表」しているので、ペンディングになっているということですかね。また、なんか厄介なことになっていなけりゃいいんですが。

|

« のこり3つ | Main | ぼちぼち来年の話① »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/46786072

Listed below are links to weblogs that reference 存続の対価:

« のこり3つ | Main | ぼちぼち来年の話① »