« ファンタジーサッカー09 第31節プレビュー | Main | 早大理工学食のコンビカツ@西早稲田 »

November 08, 2009

劣化複製

FC東京0-1浦和

まるでナビスコの裏返し。しかも、相手は10人になったがための守り切り。やっぱりかつてのレッズのサッカーの方が勝てることを証明してしまったゲームでもある。まぁ、うちも前線のスタッフには限界があり、手詰まり感は否めない。こんな時こそ…、いや言うまいよ。言ってしまえばナビスコ戴冠はウソになってしまうから。負けはしたけど、なんとなくカーサは落ち着いたな。しかも、怒号の中でのウォーク・アローンはナビスコとは違った臨戦感があって気持ちよかった。これぞ浦和戦の醍醐味ってか。

さて、中身の方はいろいろな意味でつまらないゲームだったと思う。ナビスコを研究したのか、結構梶山が狙われてた。前半はそのためになかなかリズムが作れなかった。一方浦和も遅攻のボールがほとんどつながらず攻めにならない。あれじゃサポも相当ストレスがたまるだろう。ところがぎっちょんちょん、カウンターしない浦和なんて浦和じゃない、なんて言ってたら、後半いきなり隠し持っていた飛び道具で一刺し。なんで、エジミウソンフリーにしちゃったかなぁ。しかも、これからって時に10人になっちゃうし(西村も大盤振る舞いだったな。あ、次節梶山が欠場ですね。追記:2回目なので2試合停止。ホーム最終戦は梶山不在です)。これで難しくなっちゃったなぁ、というのがそのときの正直な感想。この状況を乗り越えないと、というのはずっと課題だったから今更なんだけど、中央の制空権を握られているためにサイドからもセットプレーからも崩すのは難しかった。ミドルを打つスペースも時間もなかったし、最後の赤嶺へのスルーパスもむなしくゴールラインを割って行った。前半、浦和の4バックは揃ってしまうタイミングがあって、そこをうまく突けば抜けられると思ったんだけど、赤嶺O.S.or一歩足りずが多かったね。まぁ、仕方ない。

これで3位脚まで勝ち点差は5。ちょっと厳しくなったけど、脚も清水も難しい相手を残しているだけに、あきらめさえしなければ結果はついてくるかも。新潟は行きますよ。

|

« ファンタジーサッカー09 第31節プレビュー | Main | 早大理工学食のコンビカツ@西早稲田 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/46709439

Listed below are links to weblogs that reference 劣化複製:

« ファンタジーサッカー09 第31節プレビュー | Main | 早大理工学食のコンビカツ@西早稲田 »