« 金目、金目、金目 | Main | 青葉@飯田橋 »

November 25, 2009

ファンタジーサッカー09 第32節レビュー

全体的に低調。今節はそもそもチームチョイスが悪すぎです。DF実験は初めてはずしたのですが、そのせいか極端な差は出ませんでした。むしろ鹿島を外したことの方が大きい。あと相変わらずCマーク。前目の法則よりCの法則のほうが先ですね。

GK 川島(川崎)…5fp
DF 伊藤宏(川崎)…6fp
   新井場(鹿島)…11fp
   徳永(東京)…4fp
MF 菊池(川崎)…5fp   
   村上(川崎)…6fp
   森(川崎)…3fp
   遠藤(G大阪)…7fp
   マルシオリシャルデス(新潟)C…4fp
FW ジュニーニョ(川崎)…4fp
   佐藤寿(広島)…4fp
合計59fp 通算847(926)fp
チーム時価 -3,080
2068位/10473 トップリーグ
DF実験は-4fpでした。それにしても川崎は、最下位相手にこの様とは、永遠にシルバーコレクターの謗りを受けるがいいっ。

さて、我が軍もグダグダになってきてしまいました。同じサッカーを、とは言いますが、メンバーが大きく変わってきている中、選手それぞれの特性もあり、それに応じた編成や戦術が取られてしかるべきと考えます。終盤戦のこの体たらくはとりもなおさず指揮官の硬直化にあると断じますよ。
戦略の不合理性について書かれた書籍をこの間読みましたが(別途アップする予定なのですがなかなか手がつかなくて)、状況は常に変化しており、同じ戦法戦術がいつも通用するとは限らないのです。相手の出方を伺いつつ、どうすれば勝利できるか考え続けなければならない。それが指揮官の仕事であり責任です。楽しいサッカーができればそれに越したことはないけれど、実力以上のことをやろうとしてもできないし、“勝って上位に生き残る”ことが優先される状況において、ナビスコ以降、それが果たせていないことが問題なんです。
そもそも、梶山を欠いたときのチームをどうするのかというテーマは前半戦からあったわけで、その答えは今もって提示されていません。個人的には、クワドロスをボランチに上げて、今野のパートナーには佐原を持ってくるのが対処療法的に適っているのではないかと思っているのですが、そんな素人考えを置いておいたとしても、現有戦力でも、骨抜きの赤軍、J2上がり、J2下がりを相手にそうそう遅れは取らないと思うのですよ。残り2つで来季契約延長の正当性を是非とも証明していただきたいものですね。

あと、気になる入れ替えの話題をまとめてつらつらと。
地域リーグは山雅が残りましたね。長野に先んじて上がりそうな気がします。一方そのJFLでは北九州が昇格を決めました(刈谷は入れ替え戦にまわることに)。これで来季J2は九州勢が5チーム(地域リーグと変わらんw)。鳥取は厳しそうだな。何気に町田も上がってきているし、最終節奇跡は起こるでしょうか。
J2からの昇格残り1枠は湘南が一歩リード。でも予断は許しません。そして、その入れ替えの相手は柏が粘っているのでこちらもまだ決まりません。次節大宮が勝ってしまえばジ・エンドなんですが、図らずも直接対決です(恐るべし『日程君』)。これまた相当盛り上がりますよ。入れ替え戦と同じぐらいのシビレ具合でしょう。最終戦の相手を考えると、大宮はこの1戦で決めてしまいたいところ(引き分けでOK)。死闘必至。

|

« 金目、金目、金目 | Main | 青葉@飯田橋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/46855337

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー09 第32節レビュー:

« 金目、金目、金目 | Main | 青葉@飯田橋 »