« ファンタジーサッカー09 第29節プレビュー | Main | みますやの牛煮込み@小川町 »

October 17, 2009

塞翁之馬

FC東京4-0柏

いや、こんな達観した気分には到底なれないな。それだけ、ナオの負傷はショックだ。スタジアム全体が凍りついた。このゲームを終わらせ、かつ自身得点王に向けての一発がこんなことになろうとは。彼が怪我でどれだけ苦労してきたか知っているだけに、そして、南アフリカを前に代表に呼ばれ評価され道が広がったこのタイミングで、この怪我がシンプルなものであることを願わずにはいられない。

ゲームは前半ロスタイムの1点ですべて決まった感がある。前半はある意味守り重視の柏のペースで進んだが、ロスタイムに入って柏の緩んだ空気が流れた。前半0-0で終えられるという安堵感とでもいうのだろうか。その隙を見逃さず、羽生さんのすんばらしいスルーパスに反応した真吾が抜けだし、ダイレクトで蹴り込んだ。後半に入っても柏は何となく緩く、中途半端に前へ出たために東京のスルーパスの餌食に。53分の平山も、問題の69分のナオのループも、裏への縦一発だ。ナオに引っ張られバイタルががら空き。そこを羽生さんが抜け目なく使い切った。今日は羽生さんの日でしたね。決める側もすべてダイレクト(あとで見たら、平山はワントラップしてたね。でも、そのワンタッチでシュートアングルを作ってた。流れるようなシュート動作は見事)。みな迷いなく蹴り込んだ。平山の一撃も躊躇なく振りぬいたからこそGKを抜くことができたのだろう。その決断が必要なのさ。

まぁ、2点目が決まった後からは柏のやる気がうせているのがあからさまにわかって、勝ちたいという意欲のかけらも感じられなかった。ゲーム後、アウェーG裏コンコースでコアサポが集合して反省会していた。「覚悟決めてできることやるしかないっしょ」みたいなことを言ってたよ。彼らを見ていて、ほんとに今日のようなゲームをやらかしてしまう選手たちは、彼らの気持ちを分かっているのだろうかと、すごく残念な気分になった。山形が勝って、15位大宮との差は6。山形と大宮との直接対決を残しているものの、残留予想ボーダー36にはあと3勝が必要。チームは彼らの気持ちに応えることができるだろうか。

いや、人のことを心配している場合ではないな。とにかくナオが心配だよ。今は最悪の事態は考えず、国立のピッチに立つことを信じて、待つしかないね。

|

« ファンタジーサッカー09 第29節プレビュー | Main | みますやの牛煮込み@小川町 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/46511449

Listed below are links to weblogs that reference 塞翁之馬:

« ファンタジーサッカー09 第29節プレビュー | Main | みますやの牛煮込み@小川町 »