« 腹八分の資本主義 | Main | シャイン・ザ・サリー »

October 26, 2009

金剛不壊

清水1-2FC東京
情報遮断してJsportsの録画中継を観戦。画面の外が見たくなった。
誰が出てもゲームのクオリティにブレが少なくなってきているのが心強い。達也のコメントにあるとおり、誰々がいなくなったから勝てなくなったとは言わせないという、彼らの気概が伝わってくるゲームだった。選手個々が少しずつでも成長し、さらにこの一年間やり続けたパスサッカーでやっと安定した力を出せるように成熟してきたのが、清水という好守のチーム相手に表現できたことが何よりうれしい。長谷川健太はチームが硬かったとはいっていたが、岡崎を加えた攻撃陣はやはり脅威であり、それを押さえつつ崩しきったのは、09年版東京がある意味完成形に近づいたことを意味してはいないだろうか。確かにピースとしては石川、長友を欠き、助っ人もクワドロスのみだ。それでも、かつての磐田のような“いいサッカー”の領域に一歩二歩近づいた気がする。今度、開幕当初のゲームと見比べてみるかな。相当違って見えるだろうな。まず思い浮かぶのは、攻撃の際、中途半端な位置でボールを取られなくなったこと。崩しのスイッチが入るまでは、あまり攻め急がず相手の隙をうかがい、ギャップを作り出すような動きができるようになってきた。縦と横のゆさぶりが効果的にできている。そして、シュートまでいけなかったとしても、ゲームを切って戻る時間を作っている。攻守が明確に切り替わり、中途半端で終わっていたのは清水の方だった。
ゲーム前、サブメンバーに大竹とソータンの名前がないのにはいささか驚いた。前節JFKの厳しい言葉があったためなのか、それとも戦術的な意図が優先したのか、それはちょっとわからない。個人的には、ゲームを見終わってみれば、終盤の平松とフジの使い方からして、かなり確信犯的で、後者だったかもと思った。JFKのマネジメントもここに来て(人がいなくなってきて)凄みを増してきている。

さて、リーグ戦は残り順位が下のチームばかり。蹴散らして勝ち点61を(人事を尽くして天命を待とう)!ナビスコは、卑屈になることなく自信を持って立ち向かい、5年ぶりの栄冠を!!(なんでも対戦相手は直前のゲームをバカ勝ちして肝心のゲームを落としたというフラグが立ったそうな、うシシシ)。

梶山のカードだけが心配だ。

サハラカップとサリーの件はまたのちほど。

|

« 腹八分の資本主義 | Main | シャイン・ザ・サリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/46588805

Listed below are links to weblogs that reference 金剛不壊:

« 腹八分の資本主義 | Main | シャイン・ザ・サリー »