« いわき市萬屋のいかめし | Main | 楽しみな天皇杯2回戦 »

October 05, 2009

FC東京U-18 0-3 ジュビロ磐田ユース

Jビレッジは初めてだったし、名古屋よりは近い&安いので足をのばしてみたのだが、堅守速攻を貫いたジュビロに根負け。準々決勝で散る。

Photo この辺まで来るとフィジカルだけではどうにもならず、プレーの質、精度が問われてくる。その意味で今日の東京はミス-特に個人戦術的なミスが目立った。そもそも、サッカーはミスのスポーツだから、ボールを保持している時間が長ければそれだけミスする可能性も高くなる。東京のサッカーはそれだけでリスクを背負っている。

磐田は堅守速攻で2得点(3点目はCKからだが、その前のプレーもカウンター)。先制されたカウンターは、トップの選手が左足先で辛うじてつないだ執念の1点ともいえこれは致し方なかったが、2点目は磐田のGKのパントキックの処理を誤ってFWとGKの1対1の状況を作ってしまった。

東京の攻めといえば、シュートの1本前のパスの精度が悪く、ジュビロのラインを突破することができない。重松包囲網が敷かれている中、もっとボールを動かしてサイドを攻めるべきと思ったが、先制されて縦へ急ぐような攻めが目立ち、ことごとく磐田のディフェンスにからめとられていた。このクラスでリトリートされてしまうとさすがに打つ手なしだ。FKもCKもきっちり守られてしまった。

これで、残すはJユースカップのみ。しかし、このままだと厳しい。昇格組3人を抱えるチームとして捲土重来を期待したいものである(健太郎はちょっと体が重そうに見えた。時折さすがと思わせるプレーを見せるのだが、持ちすぎて潰されることが多く、今日はブレーキだった)。

さて、トップの方は帰宅してJスポーツで観戦したけれど、ちょっとモニは心配ですな。佐原や藤山まで総動員。カボレが抜けたことでチームが一丸になっているのがよくわかる。残り6つ、行ける所まで行ってほしい。

|

« いわき市萬屋のいかめし | Main | 楽しみな天皇杯2回戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/46394201

Listed below are links to weblogs that reference FC東京U-18 0-3 ジュビロ磐田ユース:

« いわき市萬屋のいかめし | Main | 楽しみな天皇杯2回戦 »