« 石川vs金沢 | Main | ファンタジーサッカー09 第27節レビュー »

September 27, 2009

本領発揮

FC東京3‐2磐田

会社の同僚のジュビリスタと肩を並べて観戦したのだけれど、彼に言わせると犬塚の投入がいつも早すぎるのだそうだ。あと5分ほど引っ張れればゲームがうまくクロージングできるのにと、監督に対して駄目だししていた(2-1で一度守りに入った磐田の選手たちの気持ちは同点にされても戻ってこなかった。ビッグチャンスをものにできなかった前田もまだまだだな)。そう、このゲームは両監督の采配によるところが大きかった。 それにしても赤嶺は。たとえ89分消えていたとしても、その一仕事だけで価値がある。ジュビロキラーの本領発揮。切り札は最後の最後までとっておくべきなのさ。

硬直した前半から一転タコの殴り合いになった後半。石川のゴラッソなゴールもつかの間、CKのマークミスと権田のキャッチミスという、なんともトホホな失点で簡単にひっくり返される。隣のジュビリスタと一喜一憂しながら、なんとも緊張感のない観戦をしていると、JFKは1-2の逆境を打開すべく、立て続けにカードを切り、前節不発だった徳永2列目作戦を長友に代えて再度発動させる(シフトは今野をトップ下に置いた3-2-3-2)。結局これが長友の同点弾、赤嶺のロスタイム大逆転弾を引き出したと言っていい。ゲーム通して磐田の最終ラインとGKのスペースに早いクロスを放り込み、達也が飛び込んでいく戦術が徹底されていたし(ついに届いたと思ったらつま先で真上に蹴り上げてしまったのには思わず笑ってしまったが)、ベンチの意思が効いたゲームだった。

もちろん勝利できたのは選手の頑張りがあってのことだし、後半アタッキングサードに入る縦パスの精度がずいぶん上がってきていたし、平山のポストや献身的な働きがゴールを生み出しているのも確かだし(でも、あのゲーム後のお立ち台インタビュー、あの聞き方はないよなぁ。それはそうかもしれないけれど、もっと言い方ってもんがあるだろうに)、戦力が不足しているのなら‘チーム一丸’でやっていくしかないですよね。

|

« 石川vs金沢 | Main | ファンタジーサッカー09 第27節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/46324380

Listed below are links to weblogs that reference 本領発揮:

« 石川vs金沢 | Main | ファンタジーサッカー09 第27節レビュー »