« オランダ代表3-0日本代表 | Main | 他山の石でも役に立たない »

September 06, 2009

不倶戴天

FC東京1-0清水

ゲームの方は、いいんじゃないでしょうか。ヨンセン対策は万全で、サイドもうまく蓋ができていたので、比較的安心して見ていられた。先制して圧倒的に有利にはなったけど、清水の放り込みに対して5バックシステムをやるとは思わなかった。しかも、平松まで入れる念の入れよう。6バックwww。いや、平松が前へ出て5-4-1だったけど。最後のカボレの1対1は決めてとどめを刺して欲しかったね。あそこはループだと思うのだが。浮かすだけのGKとの距離がなかったかな。

清水がもっと来るかと思ったら意外と淡白で、しかも永井が前半で早々交代させられるぐらいだったんでちょっと拍子抜け。あれは、日曜のナイターにわざわざ駆けつけてくれたサポに対して失礼だと思う。

ということで、11月3日はクラシコの雪辱となるわけです。今度こそ負けられませんよ。決勝のピッチに茂庭がいるかどうかは誰にもわからないけれど、どんな形であれ、ナビスコはチーム全体で勝ち取った感は強い。さすがに今回はG裏にはいきませんが、ぜひ5年ぶりの美酒を飲みたいものです。

さて、ついでに昼のゲームについても一言。(今日は3ゲーム見たのでさすがに疲れた)

FC東京U-18 1-2 浦和レッズユース (高円宮杯)

ユースであってもあそこに負けるのは非常に気分が悪い。でも、ピッチ上の選手たちは、相手に対するリスペクトが足りていなかったように思う。それが、ロスタイムの逆転弾につながったのだと。ユースは本当に気持ちの浮き沈みが激しいし、それがゲームに現れてしまう。未熟さゆえだけれど、そういったことを一つ一つ乗り越えていかなければ成長はない。アディダスカップで準優勝したからといって勘違いしてはいけない。他のチームだって思った以上に成長していたりもするもんだ。山口のゴールは素晴らしかった。一方、10番はわがままなプレーで一人で空回りしていた感じがした。次節米子北は堅守のカウンターチーム。なかなか訓練されている。舐めてかかるときっと痛い目にあう。グループステージ突破は堅いとは思うけど、今一度自分たちのサッカーを見つめてほしいな。

|

« オランダ代表3-0日本代表 | Main | 他山の石でも役に立たない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/46141678

Listed below are links to weblogs that reference 不倶戴天:

« オランダ代表3-0日本代表 | Main | 他山の石でも役に立たない »