« 日本の難点 | Main | 不倶戴天 »

September 05, 2009

オランダ代表3-0日本代表

サッカーは90分のゲームということは確かにそうだけど、結局ゴールを割る力があるかないかの差でしょ。きわどいシュートはオランダの方が多かったし、ゲームを決定づけたスナイデルの一発なんかは、まさにワールドクラスのストライカーのもの。日本が組織的に崩せたシーンなんかほとんど無かった。

交代メンバーを2人しか使わなかったのは、ある意味本番を想定してのことでしょう。うっちーは厳しいな。本田△も見せ場なし。やはり欧州リーグの二線級レベルというのが現状の評価かな。まぁ、ドイツよりは可能性があるようには見えるけど。ここを本当のスタートラインとして、さて、日本はこれからどちらの方向に進んでいくのだろうね。

|

« 日本の難点 | Main | 不倶戴天 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/46130762

Listed below are links to weblogs that reference オランダ代表3-0日本代表:

« 日本の難点 | Main | 不倶戴天 »