« ファンタジーサッカー09 第24節プレビュー | Main | ファンタジーサッカー09 第24節レビュー »

August 30, 2009

四苦八苦

東京2-0大分

スコアが示すほど簡単なゲームではなかったね。ほぼ降格は決定事項にしても、最後の意地を見せようとするチームに手を焼いた。前半は相手が5バック気味に構えスペースがない。様子見のスローなゲーム展開。最後の10分、かなり押し込めたので点が入るのは時間の問題とは思ったものの、山形戦のようなこともあるので、いやな予感が引っかかったまま後半へ。

後半は打って変わって攻守が目まぐるしく変わる早い展開。互いにシュートチャンスは増えたが、ちょっとヒヤヒヤものだった。大分の堅牢をやっと崩せたのが70分。大竹のポストにナオが絡み、こぼれたボールをカボレが押し込む。オフサイドぎりぎりだったんで、まぁよかった。梶山の位置が最初から低くて、バイタルが埋めきれていなかっただけに、大竹が入ってうまくいったのは必然だった。もうそろそろ、大竹を頭から使ってもいいんじゃないかと思うよ。守備もかなり良くなってきているみたいだし、何よりカボレを活性化させるためには大竹の方がいい。左足でこねる癖も、厳しいトップのゲームで矯正していけばいい。

それにしても、最下位相手にこのゲーム内容では決して褒められたものではないよ。米の眼の覚めるようなミドルがなかったら、これほど気分はすぐれなかっただろう。あの喜びようから察するに、当人はひそかに狙っていたんだと思う。毎試合ミドル1本はノルマだね。

ゲーム後、宮にはG裏からしつこいぐらいのコール。ちょっと違和感。でも、チームから頼りにされているポジションに今いるということが嬉しいやね。やっぱり卒業生が活躍していると安心するよ。

|

« ファンタジーサッカー09 第24節プレビュー | Main | ファンタジーサッカー09 第24節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/46070980

Listed below are links to weblogs that reference 四苦八苦:

« ファンタジーサッカー09 第24節プレビュー | Main | ファンタジーサッカー09 第24節レビュー »