« July 2009 | Main | September 2009 »

August 2009

August 30, 2009

四苦八苦

東京2-0大分

スコアが示すほど簡単なゲームではなかったね。ほぼ降格は決定事項にしても、最後の意地を見せようとするチームに手を焼いた。前半は相手が5バック気味に構えスペースがない。様子見のスローなゲーム展開。最後の10分、かなり押し込めたので点が入るのは時間の問題とは思ったものの、山形戦のようなこともあるので、いやな予感が引っかかったまま後半へ。

後半は打って変わって攻守が目まぐるしく変わる早い展開。互いにシュートチャンスは増えたが、ちょっとヒヤヒヤものだった。大分の堅牢をやっと崩せたのが70分。大竹のポストにナオが絡み、こぼれたボールをカボレが押し込む。オフサイドぎりぎりだったんで、まぁよかった。梶山の位置が最初から低くて、バイタルが埋めきれていなかっただけに、大竹が入ってうまくいったのは必然だった。もうそろそろ、大竹を頭から使ってもいいんじゃないかと思うよ。守備もかなり良くなってきているみたいだし、何よりカボレを活性化させるためには大竹の方がいい。左足でこねる癖も、厳しいトップのゲームで矯正していけばいい。

それにしても、最下位相手にこのゲーム内容では決して褒められたものではないよ。米の眼の覚めるようなミドルがなかったら、これほど気分はすぐれなかっただろう。あの喜びようから察するに、当人はひそかに狙っていたんだと思う。毎試合ミドル1本はノルマだね。

ゲーム後、宮にはG裏からしつこいぐらいのコール。ちょっと違和感。でも、チームから頼りにされているポジションに今いるということが嬉しいやね。やっぱり卒業生が活躍していると安心するよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2009

ファンタジーサッカー09 第24節プレビュー

最下位相手のホーム以外でいつ勝てっていうんですか。勝たないと駄目でしょ。比較的鉄板をベースに、ちょこちょこと小ネタを差し込んでみました。早くも残留諦めモードw。

【掟】
・浦和の選手は死んでも使わない。
・好きだから4バックにこだわる。
・当節の東京の対戦相手からは選ばない。
・怪我、出場停止などの場合を除き必ず10番は選ぶ。

GK 権田(東京)
DF 長友(東京)
   岩政(鹿島)
   伊野波(鹿島)
   栗原(横浜)
MF 菅沼(柏)
   10番(東京)
   柏木(広島)
FW 佐藤寿(広島)C
   マルキーニョス(鹿島)
   平山(東京)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2009

ファンタジーサッカー09 第23節レビュー

微妙にずれました。寺田はまたもやイージーミス。ストヤノフより槙野、ヨンセンより岡崎と加点のチャンスはあったわけで、勘が鈍かったです。順位もけつから数えた方が早い。さすがにミスは赦してくれませんね。

GK 川島(川崎)…8fp
DF 寺田(川崎)…1fp
   内田潤(新潟)…2fp
   ストヤノフ(広島)…6fp
   マト(大宮)…7fp
MF 中村憲(川崎)…10fp
   10番(東京)…6fp
   マルシオリシャルデス(新潟)C…14fp
FW 矢野(新潟)…5fp
   ジュニーニョ(川崎)…7fp
   ヨンセン(清水)…5fp
合計71fp 通算151fp
チーム時価 +700
2191位/2356 トップリーグ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2009

小さな王様の生還

ついに小僧がピッチに戻ってくる。なんにしても良かった。ただ、よりにもよって緑のユニとは。ブラックだというのにw。来期昇格はちょっと難しそうだが、上に上がるためにも早く王様のポジションを確立しないとな。大黒という一線級のFWを扱いこなせればそう難しい話でもなかろう。あえて応援はしないよ(でも見に行っちゃいそうだなぁ)。上がって来い。そうなれば、味スタで思いっきりブーイングしてやるw。

それにしても、ただなりも柏で干されて広島に流れて行ったし、生え抜きが漂流するのを見るのはちょっとやるせないね。力不足だけじゃなく、監督の構想やチーム戦術との折り合いとか移籍事情はいろいろあるけれど、もしうちを飛び出さなければどうなっていただろうとか考えてしまう。今2人が我が軍にいてくれれば相当助かっていると思うのだが。

あと、海の向こうでケリー将軍が引退したとのこと。東京が昇格後J2に落ちることなくJ1定着の基礎を確立したのは将軍の力によるところが大きいと思う。彼のテクニックとアイディアは、東京の部活サッカーを確実に一段上に引き上げた言っていい。東京にとっての恩人の一人である。本当にお疲れさまでした。

選手の出入りは当たり前のこととはいえ、悲喜こもごもだなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2009

確認書

確認書
今日届いていました。来年で10年ですか。早いものですねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2009

夏の移籍(おったまげー)

吉本の岐阜への奉公が決まったらしいというニュースが聞こえてきたと思ったら、その話より先にオヒサルに衝撃電撃移籍発表!そぶりも見せなかったので本当にびっくりデス。しかも、よりにもよって古巣とは。当然出場機会を求めての移籍ということでしょう。確かに中盤の人材が薄いから、ボランチあたりで起用されるんではなかろうか。東京としては貴重なユーティリティのあるバックアッパーだっただけに痛い感じがしますが、年齢的なことも含めて仕方ないですね。次にやるとき(9/26)出てきたら盛大なブーイングでお迎えしますよ。
で、最初の話。吉本がとうとう奉公に出されました。若手では下田、廣永についで3人目(昨年の森村から4人目)。まぁ、来期には出されるだろうとは思ってましたが、とにかく、この年代はゲームに出ないと駄目なんですよ。それは米本が実証するところだと思います。梶山だってコンスタントにゲームに出ることで今に至るわけで、素材の良さを磨くにはやっぱり実戦以上に適したものはありません。吉本はトップでは使われ方が悪くてトラウマ残しちゃった感はありますが、岐阜というこれまた問題を抱えるチームでどれだけ実績残せるか、正念場といえましょう。とにかく行った先でレギュラー取れないと意味ないですからね。気持ちを強く持って、貴重な生え抜きなんだから、味スタのピッチに立つために頑張ってきて欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2009

今年の夏合宿

今年の夏は4勝1敗。のんびり避暑ができました。

8/12

090812_3

Alti max 1325m | excessive 422m

涼を取るべく、湧き上がる雲を伝って南へ北へ。とにかく降りないことが最優先。雲底は低いが2時間41分のロングフライト。            

8/13

090813_4

Alti max 1435m | excessive 509m

初日よりも難しいコンディションだったが、何とか伐採地も取ることができて上々。 1時間17分。

8/14 北風でお休み。敷島温泉センターのプールでひと泳ぎ。帰りに永井食堂のモツ煮をゲット。外で夕方まで飲む。

8/15

090815_3

Alti max 1513m | excessive 656m

早めにスタートしたのでエアタイムは3時間11分と今期最長に。山頂も取れた。

8/16

090816_3

Alti max 1605m | excessive 783m

バリオのバッテリー残量が少なくなっていたのでデータがちょっと怪しいが、4日中もっとも高く上がる。伐採地から上がってくるサーマルはもう秋のコンディションを思わせる。味スタに間に合わせるため1時間8分で切り上げ。

Photo_by_3

Photo by ぴょん吉

残暑お見舞い申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2009

ファンタジーサッカー09 第23節プレビュー

今節は川崎頼みの外国人頼み。今の我が軍では鹿島の隙をつけるほどの上手さはない。せめて引き分けてくれれば御の字というところ。

【掟】
・浦和の選手は死んでも使わない。
・好きだから4バックにこだわる。
・当節の東京の対戦相手からは選ばない。
・怪我、出場停止などの場合を除き必ず10番は選ぶ。

GK 川島(川崎)
DF 寺田(川崎)
   内田潤(新潟)
   ストヤノフ(広島)
   マト(大宮)
MF 中村憲(川崎)
   10番(東京)
   マルシオリシャルデス(新潟)C
FW 矢野(新潟)
   ジュニーニョ(川崎)
   ヨンセン(清水)

山形はまったく感知していないのでさしてコメントもないですが、素人的に見れば石川がいないから勝てないってことになっちゃいますよね。戦術的なアプローチは変えるつもりがないのだから、点を取るにはやっぱりピッチ上の選手たちで何とかしないといけないんですよ。山形戦後の梶山のコメントを読むと、出来ればゲーム中に修正して欲しかったなと思うけど、彼らなりに糸口は見つけているようだから、鹿島戦は多少期待したいですね。といっても今節も現地にはいけないのでちょっと歯がゆいですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2009

ファンタジーサッカー09 第21節プレビュー&レビュー

めでたくトップリーグに昇格です。とはいえ、上期の足きりが1417fp(1節平均78.7fp)でしたから、上期の成績だと残留ぎりぎりというわけです。1期で落ちないように頑張ってきましょう。
さて、今節は10番が出場停止ですが、取り立てて代替策は取りませんでした。

【掟】
・浦和の選手は死んでも使わない。
・好きだから4バックにこだわる。
・当節の東京の対戦相手からは選ばない。
・怪我、出場停止などの場合を除き必ず10番は選ぶ。

GK 中林(広島)
DF 渡邊大(京都)
   徳永(東京)
   安田理(G大坂)
   岩政(鹿島)
MF 石川直(東京)
   野沢(鹿島)
   遠藤保(G大坂)C
FW マルキーニョス(鹿島)
   岡崎(清水)
   佐藤寿(広島)

これが火曜日(8/11)時点での一次案。その後ナオの怪我の情報が入ってきて、予算との兼ね合いなどを見ながら修正し、最終的に水曜日(8/12)に確定しました。確定後遊びに出てしまったために渡邊・安田の欠場情報までは追いきれず、わかっていれば水本・加地あたりに変えたかもしれないと思うとちょっともったいなかったかな(遠隔地から記事のアップが出来ませんでした)。まぁ、実質2名を欠いたなかでのこのfpならまずまずでしょう。

GK 曽ヶ端(鹿島)…9fp
DF 渡邊大(京都)…0fp
   槙野(広島)…8fp
   安田理(G大坂)…1fp
   岩政(鹿島)…10fp
MF 今野(東京)…7fp
   野沢(鹿島)…10fp
   遠藤保(G大坂)C…16fp
FW マルキーニョス(鹿島)…5fp
   岡崎(清水)…9fp
   佐藤寿(広島)…5fp
合計80fp 年間通算1514fp
チーム時価 +1010
1917位/2351 トップリーグ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2009

堅守拙攻

東京0-0横浜

夏休みを取っての山篭り(成果はまた後日)から都会に戻ってきたら部屋の温度は40度を超えていた。うだるような暑さにうんざりしつつも、お日様の傾き具合を見ながらいつもより遅めに家を出て自転車で味スタへ。席に座ると、いつもは空いている隣の法人席にあろうことか日産支援者が。気分はとたんに最悪に。ゲーム内容がさらに気持ちを重くさせる。「進攻の夏」が「辛抱の夏」になってしまった。

スタメンレギュラーが4人も欠ければこうなるのは容易に想像はついたが、改めてこのチームがやろうとしているサッカーはいまだ特定個人の才能に乗っかったものであるかを思い知らされた一戦でもあった。4-4-2で守備ブロックを固め、まずは失点しないこと、というチームの意思があからさまになる。そのなかで、モニと椋は相応に仕事をしていたと思う。特にモニはストッパーとしてみればその能力はいまだ健在というところだろう。つたないながらも攻撃参加の意欲も見せたしね。問題は中盤で、なかなかボールをキープさせてもらえなかった。梶山の代わりを米にさせるには無理があるし、ソータンも石川の代わりになるはずもない。自然と今ちゃんにボールが集まり、底が基点となったがために攻撃のスピードと精度は落ちていく。決定機らしい決定機も作れず90分が過ぎていった。観ている方も半分は「仕方ないな」という気持ちで見ていたのではないかな。そして、とりあえず最小限の結果で終わったので良しとしようということなのだろう。

状況を考えれば、フルメンバーの横浜相手に(田中がフカしてくれたお陰で→権田のファインプレーかな)0-0は上々であることは間違いない。ただ、一方でそれでいいのかという想いもある。特にソータンと大竹には不満があって、こんなときだからこそ結果にこだわるプレー(ソータンはまた自滅してたな)をもっと出して欲しかった。このチームには異なるアプローチが存在しうることを示して欲しかった。その意味でも残念なゲームだったと思う。

関係ないけど、1週間お休みしてたらグレムスの木が萎れてきてしまった。めんどうなこっちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2009

エンドレスエイト

やっと終わったわけだけれど、あの何のひねりもないエンディングのために8話も使った愚行はアニメ史にも残らないだろうな。角川のバックアップがあって初めて可能となった実験が、一体何を狙いとしていたかは正直よくわからない。リアルでも既視感を再現できると本気で思ったのか。京アニの演出カタログが作りたかったのか。シリーズ構成上の都合とか言われてしまうと、それこそありえない。何にしても今回はプロの仕事ではなかったね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2009

日本を貶めた10人の売国政治家

Baikokuseijika_2 日本を貶めた10人の売国政治家/小林よしのり編

幻冬舎新書 ISBN978-4-344-98130-0

小林よしのりの呼びかけでやや右がかった知識人や言論人が集まり、存命中の政治家のうちで誰がもっとも国家の名誉と安全を危うくしたかを投票によって選出している。選挙も近いし、くだらないマニフェストも出てきたし、ちょっと政治家もいろいろな角度で見直す必要があると思う。少なくとも、ここに登場するような政治家は努々選んではいけないし、ここに出てこなくても現役政治家の中にはこんなのが他にもゴロゴロいる。甘い言葉に騙されてはいけない。国を売り飛ばされては遅すぎるのだから(ある部分取り返しがつかなくなっているのだが)。

Continue reading "日本を貶めた10人の売国政治家"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2009

ファンタジーサッカー09 第20節レビュー

これにて前期終了。バヤリッツァの1fpとか、最後に気が緩んだ感じ。鹿島は不安的中。逆に京都はスルーして正解と、まぁいいこともあれば悪いこともある。それにしても、完封ゲームを予想するのは難しい。
まぁ、なんだかんだいいながらも、これまでの最高成績でフィニッシュは上出来です。昨季の反省と分析が上手くはまった成果ですね。ただ、この先さらに精度を上げようとするなら、各対戦をもっと精緻に見ていかないと難しい。

いくらなんでも、そんな暇はない。

GK 川口(磐田)…6fp
DF バヤリッツァ(名古屋)…1fp
   大井健(磐田)…4fp
   安田理(G大坂)…6fp
   岩政(鹿島)…3fp
MF 石川直(東京)…9fp
   10番(東京)…2fp
   遠藤保(G大坂)C…18fp
   マルシオリシャルデス(新潟)…7fp
FW マルキーニョス(鹿島)…3fp
   ケネディ(名古屋)…7fp
合計66fp 通算1434fp
チーム時価 -720
682位/10473 イースタンリーグ

ところで、やっと小僧の動向が表に出てきましたね。千葉との契約問題がどんなことだったのか、最後まで表に出ることはないだろうけど、何にしても早いとこ新しい職場を見つけないと。緑の話は単純に練習の場を求めていてたまたまということなんでしょう。「君ぃ、筋がいいからうちの正社員にならないか」なんて甘い言葉に乗ってはいかんよ。あの会社はブラックだからw。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2009

ガソダム

Gandum_3 でかい。

ただ、実物大にしてはコアブロックが貧弱だな。

1/1ガンプラって感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2009

言い訳

昨日、三ツ沢サボりました。時間は出来たんだけど、雨模様の空にヘタレこきました。ビグフレにあるまじき行いであり反省しております。でも、オイラの後押しがなかったから負けたわけではないです。それだけは確かです。

さて、土曜のゲームですが、冷静に振り返ってみるにやはり外国人選手のクオリティの差が出てしまったということでもあるのでしょう。特に攻撃の面において。前週のサテライトを見に行ったとき、ヴィトールジュニオールが土曜のレナチーニョと同じような動きをしていました。ヴィトールジュニオールもいい選手だと思うんだけど、それでもレナチーニョには届かない。しかも、本番でテセを温存できる戦術的な幅もある。隣の家の芝生は青いということかもしれないし、確かに補強をする必然性はないとも書いたけど、本当に優勝争いを“今”したいのであれば相応の補強は必要なのかも。中位以下と戦うなら現状のバックアップでも誤魔化しは効くけれど、それ以上は難しいということだ。

次節は陽平が黄色4枚でお休みです。JFKがこれをどう乗り切るのか見ものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2009

掲斧入淵

川崎2-1FC東京

今後上位争いができるかどうかの試金石だったが、よもや監督で落とすとは思わなんだ。この敗戦は明らかにJFKの失策である。

川崎は3トップではなく、レナチーニョとテセをリザーブにおいて4-4-2で挑んで来た。明らかに東京に合わせてきたということ。それでも、前半は東京がペースを握り、サイドを崩してナオのゴラッソゴールでリード。ここまでは良かった。しかし、後半から入ったレナチーニョにかき回され、東京の左サイドを崩されてしまった。米を交代させたことによってさらに東京の中盤の守備力は弱体化した。なぜあそこで米からそーたんだったのか、いまだにわからん。

スピードのある相手に対して、終盤ラインが下がるのは仕方がない。ならば全体を下げて中盤もコンパクトにしなければならなかったが、間延びしたままいって、バイタルを制圧されてしまった。結局そのツケは終了間際に払わされることになった。FWの決定力はいうにおよばず、ゲームマネジメントの拙さが出てしまった。

難易度の高い応用問題ではあるが、こういう負け方が一番納得がいかないね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2009

合体

合体
東京支援者の出足が早いです。これからコラシコKO

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ファンタジーサッカー09 第20節プレビュー

さぁ、前期最終節です。京都とかも臭いんですけどわかんないんだよなぁ。パウリーニョとか?注目は磐田×千葉で、江尻新監督の初采配がどう出るか。不発と踏んで、俺たちのヨシカツを今季初エントリーしますた。名古屋、ガンバは徐々に持ち直してきているし、微妙なのは鹿島かな。

【掟】
・浦和の選手は死んでも使わない。
・好きだから4バックにこだわる。
・当節の東京の対戦相手からは選ばない。
・怪我、出場停止などの場合を除き必ず10番は選ぶ。

GK 川口(磐田)
DF バヤリッツァ(名古屋)
   大井健(磐田)
   安田理(G大坂)
   岩政(鹿島)
MF 石川直(東京)
   10番(東京)
   遠藤保(G大坂)C
   マルシオリシャルデス(新潟)
FW マルキーニョス(鹿島)
   ケネディ(名古屋)

さて、クラシコはホームのお返しをしないといけません。しかし、敵さんもナビスコでは鹿島を延長の末破るという意外な粘りと執着を見せました。なんだかんだ言っていいチームですよ。こういった切磋琢磨と因縁めいたものが積み重なることによって、プロモーション主導だった「クラシコ」の看板は本物になっていくんです。前節が期待はずれだっただけに、好ゲームを期待したいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | September 2009 »