« ファンタジーサッカー09 第19節プレビュー | Main | ディア・ドクター »

July 26, 2009

遺憾千万

FC東京0-0広島

「Jリーグはイレブンミリオンを目指しているが、あんな守備的な戦い方を誰が見にくるだろうか」

もっとも、内容は悪いながらも、連敗を止め勝ち点3を獲得したことは評価。自画自賛のコメントも忘れなかった。

「美しい死をとげることなく、勝利する為には何が必要かを考え実践することが出来た試合だった」

「どのチームも我々に対し守備的な戦い方をしてくる。我々の様なしっかりとパスつなぐサッカーが、日本のサッカーの目指す方向性だと思っている」

これは、ペトロビッチが前節千葉戦後のカンファレンスで発言したものである。天に唾するとはまさにこのこと。今日の広島は、アウェーで守備的なサッカーをしたチームを批判できるようなサッカーだったのだろうか。寿人頼みのカウンターサッカーなど恐れるに足らず。前半の一部を除いては完全な引きこもりだった。5バックは予想していたけれど、よもや6バックとは恐れ入谷の鬼子母神。ゆえに勝ちたかったゲームでもある。ナオのミドルがヒントだった。後半立ち上がりのナオの2発や後半30分過ぎの徳永のクロスとか、もう一歩というところまではいったのだが、無情にも0-0でタイムアップ。悔しいねぇ。開始直後のナオの裏への飛び出しで先制できていれば、また違った展開になったんだろうけどね。相手に対する期待値が高かったために、この結果については思った以上にがっかり感が強かった。

そんなゲームの唯一の明るい話題。ドロンパがやっとグラウンドに登場。HTにスタジアム美化のバナーと一緒にグラウンドを一周しながら愛嬌をふりまいた。浴衣姿はなかなか可愛かったな。次回のホームゲームでも回るかしらん。投書箱によかったメールを入れとかないとね。

|

« ファンタジーサッカー09 第19節プレビュー | Main | ディア・ドクター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/45741375

Listed below are links to weblogs that reference 遺憾千万:

« ファンタジーサッカー09 第19節プレビュー | Main | ディア・ドクター »