« ファンタジーサッカー09 第17節プレビュー | Main | 10年後も残るクラブ、消えるクラブ »

July 12, 2009

活殺自在

FC東京3-0名古屋

ミステルなすすべなし。まさに見捨てる。それもこれも、開始わずか3分のエースの一撃でゲームは決まってしまったから。今の東京は先制すると強い。今日はボールに対する寄せが早く、簡単に前を向かせない。徳も長友も上がりはセーブして、名古屋の両翼の自由を奪うことに成功。前へ行かないボールは中盤をうろうろするばかり。それを羽生さんや米が絡め獲る。奪えば、状況が良ければカウンターで速攻だし、敵の戻りが早ければ一旦梶山のところで落ち着けてボールを回し始める。ボールを持っていても持っていなくても相手をコントロールできる。ゲームを支配するとはまさにこのこと。ボールをつないでいっても中途半端にとられてカウンターで失点していたシーズン序盤が懐かしく思えるほど。あとは、このサッカーが上位チームに通用するかだね。直近ではクラシコか。

名古屋は前線にポイントが作れなかった。確かに今日のダヴィなら出したって問題ない。ただそれよりも、玉が完全に消えてたね。ケネディが入ればまた変わるのだろうか。ノビタが見に来ていたと思うけど、これなら迷わずナオでしょう。また、サブのメンバーが知らない連中ばっかりで、ずいぶんと層が薄くなっていることの方が問題ではないかな。これでよくACLと掛け持ちでやっていると思う。二兎も三兎も追っていると全部失うことになりますよ、ミステル。

水曜日もいただきだ。

|

« ファンタジーサッカー09 第17節プレビュー | Main | 10年後も残るクラブ、消えるクラブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/45616753

Listed below are links to weblogs that reference 活殺自在:

« ファンタジーサッカー09 第17節プレビュー | Main | 10年後も残るクラブ、消えるクラブ »