« 世界不況、どこ吹く風のマドリッド | Main | 日本サッカー遺産 »

June 14, 2009

要害堅固

FC東京3-1清水

このゲームを救ったのは、まさしく86分のPKストップ。10人になった相手がFKからのプレーで1点返したその直後。PKが決まれば1点差。こうなるとメンタルが一気にネガになって、同点、逆転まで持っていかれたかもしれない。そんな流れをキッチリ切ってゲームを終わらせた権田のプレーは文字通りビッグセーブだった。西部がPKのやり直しをさせられたのもしっかり学習してじっくり構えるところなんかベテランGKのような落ち着きじゃないですか。シオの出番ももうちょっと先になりそうだ。

そーたん、米本のヤングガン・コンビがいい感じで動きまわってたし(ユースケだけ乗り遅れてたね)、ナオはホントに絶好調だし、若い力を取り込みながら徐々にチームとして充実してきているわけで、補強の必要性はあまり感じない。昨日はベンチ入りしなかった選手達がスタンドで観戦してたけど(左真横5mという近さ)、この面子を活性化させるだけで相当チーム力は上がると思う。特にモニが厳しい顔つきでゲームを食い入るように観ていたのが印象的だった。ナオの活躍をどんな気持ちで見ていたのだろうか。こんなところで見ている場合じゃない。かりにもドイツW杯に出た選手なんだ。そのプライドにかけてピッチに戻ってきて欲しいね。

|

« 世界不況、どこ吹く風のマドリッド | Main | 日本サッカー遺産 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/45333670

Listed below are links to weblogs that reference 要害堅固:

« 世界不況、どこ吹く風のマドリッド | Main | 日本サッカー遺産 »