« アルマズ・プロジェクト | Main | 要害堅固 »

June 13, 2009

世界不況、どこ吹く風のマドリッド

カカに6800万ユーロ、Cロナウドにはなんと8000万ポンド。合わせて約220億円也。なんとも景気のいい話ですな。
チームの成績が必ずしも選手年俸の合計に比例しないということはどこのリーグでも同じだと思うが、一方で成績関係なくファンを魅了するプレーができるのは間違いなく高額年俸の選手だろう。給料が高い=決定的な仕事ができるという意味だし、それこそがサッカーの見所に他ならない。2人にそれだけの値打ちがあることに異論はないが(プラティニは度が過ぎるといっているらしい)、この移籍費用、原資がどこから出てて、どうやって回収するつもりなんだろうか。クラブの計算式が知りたくなる。あと、カカがインタビューで、セリエAがプレミア、リーガの草刈場に成り下がることを心配するコメントが印象的だった。08-09のCLでは、イタリア勢はすべて1回戦敗退だからな。その気持ち、わからんでもない。
ところで日本では、こんな景気のいい話とは無縁のドタバタ劇が横浜で繰り広げられている。精一杯のオファー出して交渉がこじれるようじゃ、よっぽど俊輔側が折れないとまとまらないんじゃない?戻ってくることを想定して無理やり4バックにしたりして、これでご破算にでもなったら現場は目も当てられないよね。エスパニョールも、デラペニャがスパルタク・モスクワに巨額オファーで引き抜かれる関係で、本気モードでアプローチしているようだし、結末は予断を許しませんな。
その他のJチームでは、このリーグ戦中断期で動いたのは、神戸の大久保ぐらいか。神戸も優しいな。磐田は予定通りイグノの離脱が決定的みたいで、抜けたあとが大変そうだ。低迷しているところは、もうちょっと積極的に補強に動くのかなと思ったけど、どこも台所は苦しいみたいだね。
そういや、我が軍の例の大物の話はどうなったんだろ。また今年もブラフだったかな。狼爺さんいいかげんにせいよ。その代わりにもならんが、ラファエルはどうした、ラファエルは。ラファエルと聞くと使徒しか思い浮かばんのだが、やれるのか?

それでは、これから駒沢に行ってきます。

|

« アルマズ・プロジェクト | Main | 要害堅固 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/45317231

Listed below are links to weblogs that reference 世界不況、どこ吹く風のマドリッド:

« アルマズ・プロジェクト | Main | 要害堅固 »