« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

June 28, 2009

蹴神降臨

FC東京2-1清水

鳥肌が立ったね、あの右アウトサイドには。その直前のミドルも相当クオリティの高い一発(しっかりドライブがかかってた)だったわけだが(あれに反応できるとはさすが山本海人)、それを上回る一発だった。あの角度でなら、常識的に考えれば左インフロントで回転をかけるようなイメージなんではないかと思いきや、ナオはアプローチの端っから右アウトで蹴ることしか考えていなかったという。本当に降りてきてるわ。これは好不調ではないよ。プレーのレベルが確実にワンランク上がったんだ。

さて、清水相手にこれだけボールを繋いでゲームを支配できるなんて、ここ数試合の進歩振りは目を見張る。例えば65分の陽平がダイレクトパスの交換でシュートまでいったシーンは典型だったけれど、必ずフィニッシュのイメージがついていて、中盤で不用意な取られ方をしていない。失点が減ったのはこの辺にも原因はありそうだ。遅攻と速攻のメリハリといい、バックラインから回しながらじわじわボールを前へ進めていくなんて、まるでアルヘンを観ているかのようだった(褒めすぎ?)。平山も効いてた。あれだけ収まれば文句は無い。本人は点を取りたいだろうが、ここはチームの柱として頑張ってくれ。

対する清水は、取りに行っても回されるのが分かったから取りにこなかったのか、ボールに対してちょっと蛋白に見えた。技術のある清水の選手達にそう思わすことができたのであれば、上位との対戦でもこの戦い方ができそうな予感がする。最後ヨンセンの高さにちょっと苦労したけど、何とかクロージングできたのも成長の証だろう。

ここからだね。いよいよ“反攻の夏”が始まる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2009

ファンタジーサッカー09 第15節プレビュー

ACLの結果が微妙に影響しそうな今節。鹿島はリーグ連覇に集中できるという言い訳の下、最下位相手にはしっかり戦えると思うのですが、名古屋、川崎は気の緩み、G大阪は連覇を断たれかつフィジカル的にも辛い状況があり、リーグ戦のモチベーションが怪しくなってます。なわけで鹿島と新潟多めで。ペドロと矢野で迷ったけど、そろそろペドロ来てもいいだろう。この他で気になったのは千葉のボスナー、広島の高萩と柏木。

【掟】
・浦和の選手は死んでも使わない。
・好きだから4バックにこだわる。
・当節の東京の対戦相手からは選ばない。
・怪我、出場停止などの場合を除き必ず10番は選ぶ。

GK 北野(新潟)
DF 内田潤(新潟)
   徳永(東京)
   岩政(鹿島)
   内田篤(鹿島)
MF パクチュホ(鹿島)
   10番(東京)
   石川直(東京)
   山瀬功(横浜)
FW マルキーニョス(鹿島)C
   ペドロジュニオール(新潟)
Sub 平山(東京)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2009

ファンタジーサッカー09 第14節レビュー

再開初戦にしては上手くいきましたね。代表組も結構不出場が多かったし、手堅くいって正解でした。唯一Cマークが生かせなかったのが残念。
ナオはここのところ高値安定。この調子を維持していって欲しい。見てるとやっぱりトラップが絶対的に上手くなっていると思う。次のプレーにすぐ移れるようなコントロールがちゃんとできている。柏戦のゴールはヒロミのアドバイスが頭の中で蘇ったっていうから、どれだけ落ち着いているんだか。覚醒しましたな。

GK 曽ヶ端(鹿島)…9fp
DF 阿部翔(名古屋)…7fp
   田中隼(名古屋)…5fp
   岩政(鹿島)…10fp
   児玉(清水)…5fp
MF パクチュホ(鹿島)…10fp
   10番(東京)…9fp
   石川直(東京)…10fp
FW 佐藤寿(広島)…10fp
   チョジェジン(G大阪)…4fp
   マルキーニョス(鹿島)C…6fp
合計91fp 通算935fp
チーム時価 +3140
1089位/10472 イースタンリーグ

ところで、久しぶりに小僧がブログを更新していて、なんか結構面倒な事態に陥ってしまっているらしく、ピッチに復帰するにはまだ時間がかかりそうな雰囲気だった。ただ、サッカーから足を洗ったわけではないので、その意味では安心もしたのだが、それにしても、半年以上もこんな状態が続く背景には一体何があるんだろうか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 23, 2009

T4

第1作が1984年。それから四半世紀。リアルの日付はとっくの昔に「審判の日」を通り過ぎ、シュワちゃんはCGになり、それでもまだ続けなければならない業のようなものを感じてしまった。T5は2011年公開予定である。(ネタバレ)

Continue reading "T4"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 22, 2009

「ニッポン社会」入門

Nipponshaki_nyumon 「ニッポン社会」入門
英国人記者の抱腹レポート
/コリン・ジョイス 訳・谷岡健彦
生活人新書 ISBN978‐4‐14‐088203‐0

著者はイギリス人で、13年前に神戸に上陸して以来ずっと日本に棲み続けているジャーナリストだ。彼の13年にわたる日本経験をもとに、これから訪日する“ガイジン”が日本で生活するのに役立つ情報が羅列されている。イギリス人から見た、主に生活文化上のギャップの紹介でもあり、それはすなわち、外国人から見たリアルな日本像でもある。日本人は自分自身を客観的に評価できないという説があるが、もしそうであれば、このような外国人から見た日本(人)の長所短所は一つの客観的評価になりうる。実際読んでみると、彼が“ガイジン”だからそのような扱いを受けたと思われる部分もあり、書かれているすべてが日本人の本質というわけでもない。ただ、日本人が普段何気なく見過ごしている(忘れている)中に、とても貴重で大事にしていかなければならないことがたくさんあることに気づかされるのも確かだ。そして、改めて日本という国は「ガラパゴス的」なのだと思う。

Continue reading "「ニッポン社会」入門"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2009

ファンタジーサッカー09 第14節プレビュー

さて、代表も無事南アフリカが決まり、我が軍もナビスコのトーナメント進出が決定し、リーグ戦再開であります。今節はOZ帰りのコンディションが読めず、基本非代表選手で組みました。おっと、いまさらだけど岩政なんか連れてきゃよかったのにねぇ。

【掟】
・浦和の選手は死んでも使わない。
・好きだから4バックにこだわる。
・当節の東京の対戦相手からは選ばない。
・怪我、出場停止などの場合を除き必ず10番は選ぶ。

GK 曽ヶ端(鹿島)
DF 阿部翔(名古屋)
   田中隼(名古屋)
   岩政(鹿島)
   児玉(清水)
MF パクチュホ(鹿島)
   10番(東京)
   石川直(東京)
FW 佐藤寿(広島)
   チョジェジン(G大阪)
   マルキーニョス(鹿島)C

代表戦を見ていて思ったのは、パススピードと強いパスをピタッと止められるトラップ技術の大切さです。釣男が何本かボランチからのリターンパスをダイレクトで前線に(40mぐらいの距離)送り込んでいたのなんかは、悔しいけどやっぱりたいしたもんだと感心しました。ただ、それを足元に納めることができず、5mぐらい前へ跳ねさせて簡単に取られるFWが一方にいるわけですよ。トラップは基本中の基本ではあるけれど、個人戦術の差が如実にあらわれる技術でもあり、ここだけ見てても飽きないだすな。
現状、東京のロングフィードはどうしてもロビングになってしまうから、FWに収まる、あるいはポストで味方がボール確保できる可能性はイーブン以下に落ちてしまう。これが足元への強いグラウンダーで入れば、もっと確実に前へ進めると思うのですがね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2009

まだまだ足りない

オーストラリア代表2-1日本代表

敗因は中澤@病欠でしょうかね。

今野がボランチでスタメンは嬉しかった。しかも、アンカー気味に構えてボールに良く触りながらチームのリズムを作っていた。橋本は消えていただけに、ノビタに対しても好イメージだったのではなかろうか。もうちょっと局面を打開するパスなんかがあるとなお良かったけど、なにせチームでもCBやってるわけで、久々のボランチでも安定したプレー振りは頼もしい限りだよ。

さて、20日日立台ゲットーには行けませんが、代表組2人が戻ってきて、どんなスタメンになるのやら。我が軍は着々と底上げが進んでいますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2009

日本サッカー遺産

Soccer_heritage 日本サッカー遺産 -ワールドカップ出場舞台裏の歴史と戦略/山本昌邦
ベスト新書 ISBN978-4-584-12235-8

ドーハの悲劇以降、人間力がスタッフとして関わったワールドカップ、五輪、世界ユースなどで、どのような戦略(チームマネジメント)が展開されたかの一端に触れることができる。ファンからは見えないところで、いろいろ細かい気配りがなされているのには感心させられるし、歴代日本代表監督や主力選手たちそれぞれのこだわりエピソードも面白い。

Continue reading "日本サッカー遺産"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2009

要害堅固

FC東京3-1清水

このゲームを救ったのは、まさしく86分のPKストップ。10人になった相手がFKからのプレーで1点返したその直後。PKが決まれば1点差。こうなるとメンタルが一気にネガになって、同点、逆転まで持っていかれたかもしれない。そんな流れをキッチリ切ってゲームを終わらせた権田のプレーは文字通りビッグセーブだった。西部がPKのやり直しをさせられたのもしっかり学習してじっくり構えるところなんかベテランGKのような落ち着きじゃないですか。シオの出番ももうちょっと先になりそうだ。

そーたん、米本のヤングガン・コンビがいい感じで動きまわってたし(ユースケだけ乗り遅れてたね)、ナオはホントに絶好調だし、若い力を取り込みながら徐々にチームとして充実してきているわけで、補強の必要性はあまり感じない。昨日はベンチ入りしなかった選手達がスタンドで観戦してたけど(左真横5mという近さ)、この面子を活性化させるだけで相当チーム力は上がると思う。特にモニが厳しい顔つきでゲームを食い入るように観ていたのが印象的だった。ナオの活躍をどんな気持ちで見ていたのだろうか。こんなところで見ている場合じゃない。かりにもドイツW杯に出た選手なんだ。そのプライドにかけてピッチに戻ってきて欲しいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2009

世界不況、どこ吹く風のマドリッド

カカに6800万ユーロ、Cロナウドにはなんと8000万ポンド。合わせて約220億円也。なんとも景気のいい話ですな。
チームの成績が必ずしも選手年俸の合計に比例しないということはどこのリーグでも同じだと思うが、一方で成績関係なくファンを魅了するプレーができるのは間違いなく高額年俸の選手だろう。給料が高い=決定的な仕事ができるという意味だし、それこそがサッカーの見所に他ならない。2人にそれだけの値打ちがあることに異論はないが(プラティニは度が過ぎるといっているらしい)、この移籍費用、原資がどこから出てて、どうやって回収するつもりなんだろうか。クラブの計算式が知りたくなる。あと、カカがインタビューで、セリエAがプレミア、リーガの草刈場に成り下がることを心配するコメントが印象的だった。08-09のCLでは、イタリア勢はすべて1回戦敗退だからな。その気持ち、わからんでもない。
ところで日本では、こんな景気のいい話とは無縁のドタバタ劇が横浜で繰り広げられている。精一杯のオファー出して交渉がこじれるようじゃ、よっぽど俊輔側が折れないとまとまらないんじゃない?戻ってくることを想定して無理やり4バックにしたりして、これでご破算にでもなったら現場は目も当てられないよね。エスパニョールも、デラペニャがスパルタク・モスクワに巨額オファーで引き抜かれる関係で、本気モードでアプローチしているようだし、結末は予断を許しませんな。
その他のJチームでは、このリーグ戦中断期で動いたのは、神戸の大久保ぐらいか。神戸も優しいな。磐田は予定通りイグノの離脱が決定的みたいで、抜けたあとが大変そうだ。低迷しているところは、もうちょっと積極的に補強に動くのかなと思ったけど、どこも台所は苦しいみたいだね。
そういや、我が軍の例の大物の話はどうなったんだろ。また今年もブラフだったかな。狼爺さんいいかげんにせいよ。その代わりにもならんが、ラファエルはどうした、ラファエルは。ラファエルと聞くと使徒しか思い浮かばんのだが、やれるのか?

それでは、これから駒沢に行ってきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2009

アルマズ・プロジェクト

まぁ、いろいろ観ている中にはこんな1本も魔が差したように混じってくる。どこに引っかかったかといえばまさに“矢追的”なところであって、実際そーゆー「映画」だった。その意味においては期待を裏切っていないのだが、このいかがわしさを楽しむには歳を取りすぎた。(ネタバレ)

Continue reading "アルマズ・プロジェクト"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2009

五右衛門ロック

劇団☆新感線の新作ゲキ×シネを観てきたよ。言ってみればこれは新感線版『ルパンⅢ世』だね。そのつもりで観ればちゃんと楽しめる。前作の『朧の森に棲む鬼』がちょっと内容的にも深かったものだから、そこからすると喰い足りない部分はあるんだけれど、エンターテイメントとしては王道をいっていて外れがない。これは好みの問題だ。

Continue reading "五右衛門ロック"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2009

祝予選通過

ウズベキスタン代表0-1日本代表

いやー、家元や扇谷がまともに見えてしまったw。世界は広い。

それでも、サッカーの神様は見放さなかったわけさ。キーパーのハンブルが岡崎の頭にたまたまぶつかったwのも、ウズベクのシュートがポストやバーに弾かれたのも、10人になろうが監督が退席になろうが、これはすでに決定事項だったのだよ。

ただ、韓国、北朝鮮と1回もやらないでいってしまうのは、何か物足りなさを感じる。日本サッカーのためにはB組に入ったほうが絶対良かったのではないかなと思ったりもする。残り2試合のモチベーションも難しいけど、まぁ、とにかく今はおめでとさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2009

いぶりや@品川

いぶりや@品川
遠方より友来る。また久しからずや。

呑んで食って5千円は安い。でも、最近焼肉食いすぎだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2009

面目躍如

ハーフタイムに雷が落ちた。ハーフタイムのインタビュー(MX録画)でも相当怒っているのが画面から感じられるぐらいだったから、ロッカールームではさらに凄かったんだろう。ゲーム後のナオのインタビューに思わず苦笑いしてしまったが、怒るぐらいでやる気になるなら、指揮官はもっと怒るべきだな。実際、前半終了時には一人でブーイングしてしまったから(周りは無反応だったんで、そのときはエー?とか思ってしまった)。とにかく前半は悪かった。選手間の距離が離れすぎていて、トップに入れても孤立気味だし、サイドに誘導されて取られてサイドの裏へカウンターのパターン。平松の足元が不安定で押上げがきかない。セカンドボールは支配される。そして眠れる10番と寝ぼけた13番。よく1点で済んだのはゴンちゃんのお陰だった。
さて、JFKの喝入れもあって、後半はうってかわってのゴールショーなんだけど、3ゴールとも共通する点があった。パスの軌跡を見ると、
【1点目】25→28→10(ダイレクトパス)→13(ポストでリターン)→10→G
【2点目】25→13(流れたボールを裏へ)→9→G
【3点目】25→28→10(裏へダイレクトパス)→9→G
こうなっている。つまりポイントは、
①すべてスローイン(セットプレー)から。
②ゴールまでが早い(縦パス1本での崩し)。
③裏への意識とダイレクトプレー。
怒られた2人がしっかり絡んでいるところがなんとも微笑ましいが、やっとカボレを入れたこの3人での得点パターンが実ったことは大きい(小平でも練習してるのかな)。ここ数試合、梶山がダイレクトプレーを良く使っていてことごとく失敗していたのだが(“軽いプレー”と見られやすい)、結局こういうことがやりたかったわけだ。相変わらず百発百中というわけには行かず、敵に奪われてカウンターの基点にもなりうるという諸刃の剣ではあるのだが、カボレが復調してくれば一発で決められるので、これはこれで大きな武器になっていくだろう。

この2点で思うのは、やっぱりカボレはサイドに置くより裏を狙わせたほうが相手は嫌だろうということ。そんなにシュートが上手くないならスピードとフィジカルで押し込んだ方が確実。さらに、この中央縦に敵の意識が行けば、サイドも今以上に使いやすくなるはず。いいコトずくめだね。

平山もしっかり仕事をした。点は取れなくとも彼にしかできない仕事もある。確実なプレー(梶山のゴールを引き出したポスト)と思いっきりのあるプレー(オバヘッドおしかた)を使い分けつつ、中途半端なことさえしなければ、いつかはゴールも自然とついてくるのではないかな。

さて、ナビスコのグループステージも残すは清水戦のみ。勝って気持ちよく次にいきまっしょう。

おまけ
つば九郎が遊びに来てくれたお陰で、クラブから冷遇されているドロンパが久々ピッチに登場。某ブログに賛同して、オイラもクラブにドロンパもっと出せメールを送りましたが、駒澤でも出てきて欲しいなぁ。そういえば、ドロンパにパートナーができたりすると、やっぱり“ドロンジョ”になるんでせうか。

100nikondscn0932_dscn0932_2

ノリノリです。

100nikondscn0934_dscn0934

回ってます。

100nikondscn0937_dscn0937

キャラクター、マンセー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2009

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

デレデレのエウレカなんてエウレカじゃないっwww。

(ネタバレ)

Continue reading "交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2009

狂い咲きサンダーロード

現在(5/29-6/13)吉祥寺バウスシアターで開催されている爆音映画祭のプログラムの中の1本。制作年度は1980年。当時渋谷公園坂上の空き地に仮設されたドーム型のパルコシアターで上映されていたのを観に行ったのだけれど、体調不良で途中で映画館を出てしまい、最後まで見ることができなかった。それ以降、この作品を見る機会もなくこの年まで過ぎてしまった。今回はいわばそのリベンジというわけ。若い観客に混じって頭の天辺が薄くなり始めている親父がちらほら。おばさんも数人。ちょっと年の割りに若ぶった格好なので、おそらく当時走っていた人たちだろうと勝手に推測してみる。そんな時代のそんな若者たちのための映画だ。約30年も前の暴走族の映画に、今の若者は一体何を見つけるのだろうか。

Continue reading "狂い咲きサンダーロード"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2009

消されたヘッドライン

原題は『State of play』。“Play”はこの場合“演技”と訳すべきか、それとも“再生”と訳すべきか、いずれにしても物語の核になる部分を暗喩している。邦題はちょっとセンスが不足している。
物語は、あるスキャンダルをきっかけに友情と仕事の狭間で葛藤する新聞記者を描いている。ポリティカル・サスペンスと紹介されているが、サスペンスは状況を作り出す方便でしかなく、見所はカル(ラッセル・クロウ)とスティーヴン(ベン・アフレック)の2人の男の人間ドラマにある。(ネタバレ)

Continue reading "消されたヘッドライン"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2009 | Main | July 2009 »