« 忌野清志郎 逝く | Main | 論争 若者論 »

May 04, 2009

紫電一閃

FC東京3-2大宮(録画観戦)

ナオはついに覚醒したかな。とにかく切れているし、シュートが凄く上手くなった。シュートそのものもそうだけれど、撃つまでのイメージができている感じがする。

1点目、右アウトでちょっと押し出してマトのタイミングをずらしたその刹那に右足を鋭く振りぬく切れの良さ。2点目、いつの間にか内側に入り込んで、DFが入ってくる前に迷い無く打ち抜いた思い切りの良さ。そして、長友からのスローインをノータッチで流し、そのままドライブシュート。ハットトリック完成。めでたい。しかし、なぜオイラはその時その場所にいられなかったんだろう。まったく。

カボレが前半のシュートチャンスの一つでも決めていれば(シュートのタイミングが遅い気がするのだが)、前節の意趣返しがまたできていたものを、結局アップアップの不安定なゲームになってしまった。危機感を持つのはいいけど、指揮官の余裕の無さがチームに伝染してしまっているようにも映る。監督自身も成長途上ということなのだね。終盤カウンターで止めをさせるような狡猾なチームになるのはいつのことやら。まぁ、シーズンは長いから気長に待ちますよ。

|

« 忌野清志郎 逝く | Main | 論争 若者論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/44887810

Listed below are links to weblogs that reference 紫電一閃:

« 忌野清志郎 逝く | Main | 論争 若者論 »