« ファンタジーサッカー09 第9節プレビュー | Main | 紫電一閃 »

May 03, 2009

忌野清志郎 逝く

「夜のヒットスタジオ」(Summer tour)で噛んでいたガムをカメラに向かって吐きつけたのが強烈に記憶に残っている。今観ると(ユツベにのってます)そんなでもないけど、当時の感覚での暴れっぷりはハンパでなく、テレビでこんなことやってもいいんだとワクワクしたのを覚えている。その後の日本のロックシーンに多大な影響を与えたことは言うに及ばず。「ラブ・ミー・テンダー」や「ボスしけてるぜ」といった問題曲を次々生み出すスピリットがロックだった。まだ社会に対してアンチであることがカッコ良かった時代だったし、彼はおかしいと思ったことをストレートに言える人だった。でも、今は何でもありだし、スピリットを感じさせるものは無くなり、メディアそのものが自己否定を始めてしまったから、もう面白くもなんとも無い。この先彼のようなカリスマはもう二度と出てこないのかもしれないと思うとちょっと寂しい。

久しぶりに聴いたら、なんか泣けてきた。忘れていたものがあったね。

ありがとう。そして、おやすみなさい。合掌。

|

« ファンタジーサッカー09 第9節プレビュー | Main | 紫電一閃 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/44881248

Listed below are links to weblogs that reference 忌野清志郎 逝く:

« ファンタジーサッカー09 第9節プレビュー | Main | 紫電一閃 »