« 不得要領 | Main | 新しい翼 »

May 10, 2009

確乎不抜

FC東京0-0京都

古今首都ダービーは負けに等しい引き分け。前半相手が眠っているうちに片付けたかった。京都のサイドがドン引きで、しかも意外と自由にスペースを使わせてくれたのでクロスは上がるものの、最後のゴール前の圧力が無かった。15分の長友の突破からシュートに対して、中央で詰めていたのがナオ一人だけ。ショートカウンターだったとしても、ファーに誰も入ってきていない状況がすべてを象徴しているように思う。そして、もう時間もないというのにシュートを撃てたのに撃たないFW。ナオや真吾はいいのよ。迷いが無いから。スペースと判断の時間が許されていないゴール前でそれやってたら無理だもの。決まる時にしか撃たないのはプロじゃないね。相手がほとんど攻撃してこなかったんで守備の建て直しがどうなのかとかはよく分からなかったけど、ちょっともったいない一戦でした。

さて、リーグ戦も1/3を終了して4勝6敗1分の勝ち点13はどう評価すべきかね。昨年の延長線上というよりは、一度壊して作り直している感が強く、その意味ではこんなもんだろうと変に納得している自分がいる。そもそも、数年来懸案だったDF陣の補強は今年も見事に失敗しているわけで、またかの思いは強い。いくらJFKでも、CBを2人とも取り替えなければならない状況では安定したチーム成績を残すのは難しいだろう。FWも層が薄いままだし、今年獲得した選手でまともに働けているのは米本ぐらいだし、よくやり繰りして戦ってると思う。ナオの覚醒だけが救いかな。

このタイミングで現実的な補強がされなければ、今年も低空飛行で終わりそうだ。昨年はたまたま終盤上位陣がこけたからあの順位なのであって、実力を反映した並びとも思えない。生え抜き連中の伸び悩みといい、育成にも問題はないだろうか。クラブ全体がどこかちょっとずつ歪んでいるような気がするのだ。

とはいえ、とにかく今は結果はどうであれこの道を信じてやり続けるしかないのよねん。

|

« 不得要領 | Main | 新しい翼 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/44968207

Listed below are links to weblogs that reference 確乎不抜:

« 不得要領 | Main | 新しい翼 »