« ファンタジーサッカー09 第11節プレビュー | Main | 確乎不抜 »

May 09, 2009

不得要領

広島2-0FC東京(録画観戦)

ゲーム自体は押していたものの、結局ショートカウンター2発で沈没。特にサイドバックのスペースのケアがまったく出来ていない。攻守が切り替わる瞬間の初動が遅すぎる。

一方攻撃の方は、形は作るが決定機にならない。怖さが無い。意外性が無い。アクセントをつけようと10番はヒールやらノールックを繰り出すが悉く失敗するし。広島の恥も外聞も無い6バックには恐れ入ったが、こういうときにセットプレーが使えないのが堪えるね。ファウルを貰う工夫とかも無く、大竹の左足も宝の持ち腐れ。何となくやられてしまった感じだ。

とにかく守備でしょ。攻守の切り替え。中盤のプレスより、中盤で不用意に失わないことのほうが重要。修正というよりも、選手個個の意識の問題のような気がするよ。

今日はやってくれると信じて、自転車でGO!

|

« ファンタジーサッカー09 第11節プレビュー | Main | 確乎不抜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/44947347

Listed below are links to weblogs that reference 不得要領:

« ファンタジーサッカー09 第11節プレビュー | Main | 確乎不抜 »