« 東京ダービー | Main | ファンタジーサッカー09 第5節レビュー »

April 12, 2009

粉骨砕身

FC東京1-2鹿島

まぁ、開始15分で2点もやっちゃぁ、今の我が軍では勝ち目はない。FWの差がモロに出たゲームだった。高校出立ての若造にやられるのは癪だけど、大迫は体の使い方が上手い。マルキもそうだけど、あれは優秀なFWとしての資質なんだろうね。それに引き換え、最後に出て行ったうちのFWは何のために出て行ったのかちゃんと理解していたのだろうか。カボレもサイドに開いてしまうと怖さ半減で、長友とかぶるところもあり4-2-3-1はちょっと無理があった。交代したのはフィジカルトラブルっぽかったけど、大事無いといいのだが。

一方で、中盤は結構ファイトしてたね。ガシガシいってた。その意気で後半は押し込んだけど、敵は完全に省エネモード突入で上手くいなされてしまった。この辺は鹿島に一日の長がある。鹿島はメリハリが利いていて、ここぞというところは全面的に厳しく来るし、抜くところはしっかり抜いてくる。その抜いたところに付け込めればよかったんだけれど、1点取るのが精一杯。そうは言ってもやっぱりミスが少ない。したたかですよ。まぁ、強豪相手に現在位置を確かめるにはいいゲームだったんじゃなかろうか。

梶山のミドルのこぼれ玉を上手くナオが押し込めたらとか、CKの今ちゃんの一撃が枠を捉えていたらとか、もうちょっとだったのにという思いはあるが、これを続けていくことが大事なんだろう。スモールスペースを抜くパス交換もだんだん精度が上がってきているような気もするし、黒星先行もそう悲観することも無く、毎試合しっかりファイトしてくれれば結果は自ずと付いてくると思う。

|

« 東京ダービー | Main | ファンタジーサッカー09 第5節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/44648343

Listed below are links to weblogs that reference 粉骨砕身:

« 東京ダービー | Main | ファンタジーサッカー09 第5節レビュー »