« 粉骨砕身 | Main | 「透明人間」の作り方 »

April 15, 2009

ファンタジーサッカー09 第5節レビュー

思いっきり当てが外れました。DFは吉田の出場なしも含めてボロボロです。ACL出場チームはみな疲弊していたみたいで、鹿島以外は全て敗戦。この辺、力加減が難しい。狩野にCを移していなかったら相当酷いことになってましたね。滑り込みで入れた柏木はナイス選。エントリー見送ったところの当たりは岡崎でした。遠藤外せば、ですが、なかなか。

GK 権田(東京)…3fp
DF 森重(大分)…3fp
   小林宏(大分)…3fp
   吉田麻(名古屋)…0fp
   池田昇(千葉)…4fp
MF 遠藤保(G大阪)…4fp
   狩野(横浜)C…11fp
   10番(東京)…6fp
   柏木(広島)…11fp
   吉村圭(名古屋)…2fp
FW ペドロジュニオール(新潟)…5fp
合計63fp 通算361fp
チーム時価 -2120
2162位/10463 イースタンリーグ

ところで、素朴な疑問なんだが、なぜ羽生はあんなに走らなければならないんだろうか。無駄走りはそれなりに必要だとはいっても四六時中できるわけもなく、むしろ逆襲を食らったときに、彼が前線から全速で戻ってきては防ぐといったシーンもよく見られる。彼の動きを見ていると、組織として上手く全体が機能していないんではないかとも思ってしまうのだ(もしくは誰かが自分のやるべきことをやっていないか)。
組織として機能しつつ、さらにその上に個人のプラスアルファが乗ることで、チーム力(たとえば得点機をもっと増やすとか)が上がって行く筈で、その意味で、毎試合1点しか取れていない現状は、何かが掛け違っているとしか思えない。ムービングサッカーというコンセプトに異論はないが、無駄にムービングしているのではないか(効果的な動きができていない)という思いが強い。無駄に動くから後半相手がへばってきたときにこちらも動けなくなる(鹿島戦は典型)。とどのつまり、チームとしてビジョンを共有できていないということではないのか。もしかしたら、システムや選手を入れ替える以前の問題なのかもしれない。タレントはそこそこいるのにチームとして突き抜けないもどかしさ。

JFKも激怒?したらしいが、何となく根が深そうだ。

|

« 粉骨砕身 | Main | 「透明人間」の作り方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/44676210

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー09 第5節レビュー:

« 粉骨砕身 | Main | 「透明人間」の作り方 »