« 日本代表1-0バーレーン代表 | Main | 深大寺温泉ゆかり »

March 29, 2009

虚虚実実

FC東京1-0神戸(ナビスコカップ予選第2節)

今年の神戸はしっかり繋いでいこうとするのがよく見えた。前半は神戸がボールポゼッションよくセカンドボールの支配したが、東京同様フィニッシュのアイディアが不足していて、攻めの怖さが無い。対する東京はサイドに基点が作れず、縦に無理なパスを入れては失敗するの繰り返しでボールが繋がらない。双方大した決定機も迎えることなくスコアレスで折り返した(ツネ様の裏は狙いどころだったんだけどねぇ)。

後半神戸の運動量が徐々に落ち始めて中盤がルーズになり始めると、東京も左右のSBが上がれるようになってきてペースを掴む。そして先制点=決勝点はスローインから。赤嶺が持ち込みスクリーンポストに入ったカボレへ。そのリターンを受けた大竹が左サイドに綺麗なシュートを決めた。これで、大竹は昨年から決勝弾無敗神話を継続中。

さて、今日のポイントは椋原と今野。椋原良かったですよ。なんで柏戦で使わなかったんでしょうかね。序盤は守備に重心を置きながら、後半いいタイミングで敵陣深く進入していった。ボールを大きく出してかわしていくのが得意なんだね。しっかり自分の良さを出していたところも心強い。一方代表でベンチ入りできなかった今野はモニの代りにCBに入ったが、彼が中盤を越えて深いところでプレーできるのは相当魅力的に見えた。サリーがアンカー気味にポジションしているからということでもあるのだけれど、最終ラインからあそこまで出て行けるのは、ムービングサッカーとしては強力なオプションになるのではないだろうか。

じっくり守って相手の隙を突いて先制。その後はポゼッションを高めてゲームをコントロール。1-0フィニッシュ。確かにスタンドが求める派手なサッカーにはならないが、ホントに強いチームは調子の悪い時でもこういったサッカーが出来るんだよ。今は余裕があって出来ているわけではないけれど、しばらくはこの慎重さを大事にしていきたいね。

|

« 日本代表1-0バーレーン代表 | Main | 深大寺温泉ゆかり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/44505694

Listed below are links to weblogs that reference 虚虚実実:

« 日本代表1-0バーレーン代表 | Main | 深大寺温泉ゆかり »