« ファンタジーサッカー09 第1節プレビュー | Main | チェンジリング »

March 07, 2009

前途多難

FC東京1-4新潟

いきなり大きな借金を背負ってスタートとは困ったものですね。最初は中盤省略の蹴りこみも見られ、どの辺が2.0?という感じだったけど、徐々に圧力を増して前半の終わりぐらいにはハーフコートゲームっぽくなり、そこではショートパスの交換で崩していこうとする意図はよく見えた。ただ、フィニッシュをどうするのかは相変わらず。押し込んでいるときに取れないと、ああいうことになるわけで。誰が付くべきだったのかは分からなかったけど、明らかにマークミス。本来はGKがチェックすべきところなのかなぁ。油断大敵雨霰。

後半立ち上がりにユースケのパワーショットが決まったすぐ後の新潟のCKもありがちな展開。追いついてすぐに突き放されるとそれが焦りに繋がっていく。それにしても、新潟は先制すると負けが無いらしい。嫌なジンクスを残したものだ。セットプレーのマークミスで失点し、前掛かりになって攻めることしか頭に無くなり、平松も前半で見せた頑張りを帳消しにする凡ミス、青野さんも無謀な突っ込みでカウンターの基点を作る有様。ミスは仕方ないが、これまでも経験してきているようなことばかり。技術やコンビネーションの積み重ねより、ゲームの流れを読んだり治めたりすることはどこに行ってしまうのだろう。

10番は、後半は消えている時間の方が長くて、一列上げた意味が見出せなかったね。JFKは、鈴達を入れたときに一時的にボランチに下がったけど、その後すぐに青野さんを入れて前へ再び出すというこだわりを見せた。どうなんだろう。右アウトサイドのノールック気味のスルーパスを何本か繰り出していたが、まだこなれてない感じがした。一列上がると当然プレッシャーがきつくなるし視野も狭くなる。なまじっか持てるだけに玉離れがよくならないと攻撃のリズムも上がっていかない。後半鈴達が右サイドに張り出してからは回りがよくなっただけに、4-2-2-2はあまり効果的なシステムではないように思うのだが。左右サイドバックのポジションも思ったほど高くなかったし。

権田はちょっと可哀相だったね。デビュー戦でこの失点の山は精神的にもきついだろう。でも、シオが戻ってくるのは結構先になる。もともと代表にも選ばれるだけの逸材だ。慣れてくればもっとよくなっていくだろう。セットプレーでのマークの確認やポジションの指示など、権田がやるべきことはいろいろあるはずで、これで臆病になるのではなく、これまで自分が培ってきた経験を生かしてガンガンやればいいと思う。

開幕に限っていえば、確かにシオ、佐原の不在とカボレが十分でなかったことが大きかったが、リーグ戦は長いとはいえ、一度歯車が狂うとなかなか戻らないのは他のチームでもいろいろ観てきているわけで、次節、厄介な相手だけに、変な傷口の広げ方だけはして欲しくない。指揮官の的確な修正を期待します。

おっと、困ったことがあともう一つ。昨年同様3万人入らなかったね。これでは今年も満員は難しいかな。道のりは遥か遠いね。

P.S.ビグフレ申し込みました。

|

« ファンタジーサッカー09 第1節プレビュー | Main | チェンジリング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/44273949

Listed below are links to weblogs that reference 前途多難:

« ファンタジーサッカー09 第1節プレビュー | Main | チェンジリング »