« ファンタジーサッカー09 第3節レビュー | Main | 日本代表1-0バーレーン代表 »

March 27, 2009

自縄自縛

柏3‐1FC東京 ナビスコ杯第1節(日立台)
山形戦の勝利でやっと春が来たかと思ったら、いきなり冬に逆戻りです。それにしても寒かった。いや、気候もゲームも両方ともに。まったくゲームになってなかったね。家元に関してはいうに及ばずです。

柏の素早いアプローチにボールがキープできず、無理にワンタッチでつなごうとして簡単に奪われショートカウンターというのが序盤の展開。その中で、フジのサイドが徹底的に狙われた。指揮官はどういうつもりで送り出したのかわからないが、システムの生命線であるSBに置いた事で攻守ともにリスクを負うことになってしまった。フジ>椋原の式がなぜ成り立つのかの説明が欲しい。同じリスクなら、明日への可能性にかけるほうを選択すべきなのではないかと思った。

確かに個々の選手の判断の悪さはあったにせよ、結局は4-2-3-1と4-2-2-2システムのかみ合わせの問題だったように思う。すなわち中盤の枚数とサイドでの優位性の問題。柏の先制点はシステムどおりの理想的な点の取り方(中盤高い位置で奪って速やかにサイドに展開、ゴール前に3列目からも飛び込む)といえる。リードしてしまえば、しっかり守ってカウンターという得意のパターンに持ち込める。FKとPKからの追加点はまさに柏の注文どおりの展開だった。
対する東京は、とにかく縦にボールが入っていかない。DFを背負うFWに当てても正確なリターンが帰ってこなかったり、縦パスが出たと思ったら誰も走っていないというシーンもたびたび。パスが受け手と微妙にずれていたのがすごく気になった。選手同士で何を狙いとしてパス回ししているのか、イメージが共有されていないように感じる。後半鈴達、大竹、赤嶺が投入されるとさらにその混乱に拍車がかかり、ただゴール前中央に人がゴチャっといるだけ。シュートは打てども入る予感はほとんどしない。スタッツだけみれば東京優勢(シュート数は9:21と圧勝)に見えるが、実際のゲームはまったく逆だった。

ここまでで共通しているのは、先制されると自滅するということ。攻勢に出ても点が取れずズルズルいくのを何とかするか、とりあえずしっかり守って自分たちのターンが来るのを待つのか、方針をはっきりさせるべきではないかね。立ち上がり一気呵成に攻め込んで点が取れれば何の問題もないんだけどねぇ。

追記:昨年イソが日立台で問題を起こしたお陰でビジターエリアが完全に分断されていた。こんなにアウェーのホスピタリティ低かったかなぁ。まぁ、東京も過去のオイタ(そういえば同じような位置からなだれ込むのをみてたなぁ)があるので他人のことは言えないが、日立台もオイラ的封印スタジアムになりそうな感じだった。

|

« ファンタジーサッカー09 第3節レビュー | Main | 日本代表1-0バーレーン代表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/44471251

Listed below are links to weblogs that reference 自縄自縛:

« ファンタジーサッカー09 第3節レビュー | Main | 日本代表1-0バーレーン代表 »