« 予想どおりに不合理 | Main | 代表のリアリズム »

February 10, 2009

競争原理

シオが離脱した。全治3~4週間というから、当然開幕から数試合は間に合わないことになる。俄然控えのGK陣が熱くなっているらしい。実績からすれば権田が優位なのだろうけれど、No.2の座はまったく約束されたものではないだろうし、もちろん廣永にもチャンスはある。めったに訪れないこのチャンスをモノにできるのは一体誰なのか、シオには悪いが非常に楽しみだ。
世界的にレギュラーでプレーしているティーンはたくさんいるし、そういった若い力が出てきているチームや国は活気があるように見える。日本は社会的に長いこと年功序列でやってきたから、たとえプロの世界でもなんとなく年齢が高い方が経験を持っている(特にGKはその傾向が強い)ということで優先的に出られるような印象を持ってしまうが、それを打破するような若い力がなかなか出てこないということも、そんな既成概念を強化する一因になっていると思う。だから、GKのポジションばかりではなく、フィールドも含めて新戦力が昨年のレギュラースタメンにとって変わるような状況ができてこないと、昨年を乗り越えることはできないのではないかとも思う。
実際、ここ数年獲得した若手がなかなか伸びてこないもどかしさがある。大竹は近年にない収穫だが、下田や小山、吉本、森村といった面々はレギュラーを脅かす存在にもなっていない。平松や北斗の加入、ブルーノの復活はさらにポジション争いを激化させている。その中でレギュラーの座を勝ち取るのは容易なことではないが、そこを乗り越えられるかどうかがプロ選手としての価値につながっていくわけで、ひるむことなくチャレンジして欲しいと思う。

そういえば、緑は経営の引き受け先がまた変わるような報道があって、もういちいち気にするのもばかばかしいのだが、80%の株式がたった500万円というのはちょっと驚きだった。しかも、年間数億の負債が見込まれている物件だ。これを買い取ろうという人は奇特としか言いようがない。日テレからの支援も切られるだろうし、単独採算で黒に持っていくには相当の努力が必要だろう。それこそ本当の意味での厳しい競争環境に身をさらすことになる。
そこで生き残るためには何が必要なのか。それはとてもシンプルで、我々が“お金を払ってでも見たいもの”かどうか、ということだ。選手であってもクラブであってもその原理原則に変わりはない。その意味で“Moving soccer”というスローガンはとても正鵠を射た表現だと思う。確かに我々は“Moving”することを求めているのだから。

|

« 予想どおりに不合理 | Main | 代表のリアリズム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/44015833

Listed below are links to weblogs that reference 競争原理:

« 予想どおりに不合理 | Main | 代表のリアリズム »