« 競争原理 | Main | R-1 »

February 12, 2009

代表のリアリズム

日本代表0-0オーストラリア代表
オーストラリアの山火事で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
終了間際にやらかしたミスのせいで、長友が毒キノコに怒鳴られたんだと。確かに、左サイドの前とのコンビネーションが今一つしっくりしていなかったのは画面からも感じ取れたが、後半完全に消えてた男に言われる筋合いもないね(オイラには松井の軽いプレーのほうがよほど気になったがね)。
昨日の代表は全体的にリスクテイクしてなかった。遠藤のポジション取りが象徴的だったと思う。詰めのところでゴール前の人数も少なかったし、点を取る部分で迫力がなかった。双方下手なところで傷つきたくないという指揮官の思惑が現れていたと言ってもよい。代表のゲームなんて、特に予選はそんなものだ。無謀かチャレンジかは評価が難しいところだけれど、まずは失点しないことを最優先したチームの中で、相変わらずガンガン行こうとしていた長友の姿勢が批判されてしまうのが“代表のサッカー”なわけで、妙な小知恵を付けられて帰ってこないかとちょっと心配になった。少なくとも味スタでは“0-0でいい”なんて最後まで思わないもんね。

|

« 競争原理 | Main | R-1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/44037394

Listed below are links to weblogs that reference 代表のリアリズム:

« 競争原理 | Main | R-1 »