« K-20 | Main | これぞSONYの本領 »

January 05, 2009

あらかた片付いた編成話

年末年始にかけてバタバタと主戦の残留が決定して、北斗の加入も発表を待つばかりらしい。あとは外国人枠とアジア枠をどうするのかというところぐらいで、ほぼ2009年の基本的な編成は固まったみたい。今回の補強ですぐさま優勝を狙えるかというと、まったくそんなことはなく、ベースを固め、個人の伸びしろを期待し、さらなる連携を深めていって、やっと2008年よりも上という感じ。どこぞのクラブのように高級選手をかき集めれば、もしかしたら即物的に優勝できるかもしれないが、それには大きなリスクも伴う。だから、今の東京のできる範囲で最善を尽くすという意味で、主力の残留(しかも複数年が多いと聞くよ)こそが最大の補強だったかもしれない。

西野ガンバの天皇杯決勝を見て、チームとして熟成させるなら、基本的に監督はコロコロ変えちゃいけないし、骨になる選手は固定しないと駄目だと思ったよ(その意味では鹿島も同じだな)。骨組みが固まるには結構時間がかかってる。その上で、選手たちがピッチ上で自立的にゲームを作れるようになるには、さらに時間を要する。決勝戦の柏なんか比べると、失礼かもしれないが付け焼刃的に見えてしまう。チームとしての厚みというか懐の深さがちょっと違うなと感じる。

長く強くするには相応のファンデーションが必要。それを2008年からもう一度作り直しているぐらいの認識だろう。かつての磐田ドゥンガのように、外側から強制力をぶち込むやり方もあるにはあるが、今の東京にはあまり馴染まない気もするし(数年前まではオイラもドゥンガ的超一流体験注入方式を渇望していたんだけどね)。その意味で、大竹の「4年」てのは、この先お前が中心になるぐらいでやれよっていうクラブ側のメッセージなんでしょう。
とはいえ、DF、MF、FWそれぞれに問題はあるし(特にCBはブルーノ、平松がまったく読めないところが一番怖い)、即効性の高い補強となれば、やっぱりどれだけいい外国人選手を取ってこれるかにかかっているわけで、2009年仕様最後の仕上げがどうなるか楽しみだね。

さて、出て行くほうは、リチェがバイーアに決まったみたい。荻が甲府か(完全?)。山形がユースケにオファーを出したらしいが、現状ままだと第4FWは変わらないものな。どうするのだろうか。もしユースケが出るようだと、外国人枠orアジア枠はまずFWということになりそうだけど。韓国の大学出あたりは狙い目じゃないのかね。

1/7追記:荻は神戸から甲府にレンタル。ガミさんがFC刈谷へ。残るはコザと信男さん。

|

« K-20 | Main | これぞSONYの本領 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/43648398

Listed below are links to weblogs that reference あらかた片付いた編成話:

« K-20 | Main | これぞSONYの本領 »