« FISCHER PROGRESSOR 8+ | Main | リフトでくどかれた »

January 14, 2009

なぜ平松を取らねばならなかったのか

ついにオヒサルより正式発表

タイトルどおりですよ。その意味を考えないといけない。

いつの間にかロングスローなんて武器まで手に入れて、京都ではスタメン張ってる訳ですが、彼が(JFK)東京の戦術に必要な人材であれば当然戻したでしょう。ただでさえ計算できるCBは喉から手が出るほど欲しいんですから。そんな状況においても、本人の意思もそりゃあるにしても(戻ってくればまた控えからでしょうからね)、完全移籍という形を取ったということは、これはクラブが明快に判断を下したということなんです。実際、以前からオイラの観戦仲間の間では評価はあまり芳しくなかったし、今回の決断は遅いぐらいに感じます。別に彼が嫌いで言っているわけではなくて、中途半端でいるのはお互い不幸だということです。だから、今回の移籍は良かったんです。だから京都でもっと頑張れよといってやりたい。シジクレイ並みに嫌らしいプレーヤーになってみろ。そういうことです。

|

« FISCHER PROGRESSOR 8+ | Main | リフトでくどかれた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/43740177

Listed below are links to weblogs that reference なぜ平松を取らねばならなかったのか:

« FISCHER PROGRESSOR 8+ | Main | リフトでくどかれた »