« そろそろ本格的に動き始めた来年の話③ | Main | こそれん »

December 29, 2008

天皇杯準決勝 FC東京1-2柏

不安的中。

モニが欠場してその穴をフジが埋めるという話が聞こえてきた段階で覚悟はしていたわけです。フジが入るとラインが深くなってバイタルを使われる。これはレギュラーシーズンから見られた傾向で、このゲームの課題は、如何に最終ラインを高い位置で維持できるかというところだった。前半は中盤が機能していたので最終ラインの負担はさほどでもなかったと思う。徳がちょいとばかしポポにやられてた以外はまずまず互角だった。ところが後半、羽生がピッチを後にし、さらに達も出てしまうと中盤の抑えが効かなり、裏を取られ千切られることが頻発。最終ラインはそれにしたがってズルズル後退。そうなるとポッカリ空いたバイタルをフランサにいいように使われて、ジ・エンド。

柏に石さんとのラストバトルというモチベーションがあったにせよ、いい人東京とか言う以前に、もっとやるとこがあったような気がした一戦だった。欠場のCBに代るファーストチョイスがフジだったという事実が、今季の東京の実態を象徴している。後付で今ちゃんをCBにすればとかは簡単に言える。しかし、JFKはフジを選択した。これがすべてだ。

羽生、達に代って出てきたエメもナオも物足りなかった。ベストメンバーを外してしまうと極端にチーム力が落ちてしまう。スタメンに定着しても力が安定してこない。選手の成長なくしてチームの成長はない、ということなのだな。じれったいものだ。力が劣る個を戦力化=組織のシステマチズムで戦うやり方も選択できるはずだが、JFKは敢えて高い志でチームを作ろうとしている。それについては文句はない。しかし、最終形はまだ当分見えそうにないし、羽生や梶山を欠いたときに形にならなくなるということをどうしていくかを考えないと、簡単に瓦解しそうでちと怖い感じもする。

最後に来て、今季の負の側面が出てしまったのは残念。まぁ、とにもかくにも、選手達にはお疲れさんと言いたい。当然ながら、来年は今年以上のものを期待しますよ。

|

« そろそろ本格的に動き始めた来年の話③ | Main | こそれん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/43568924

Listed below are links to weblogs that reference 天皇杯準決勝 FC東京1-2柏:

« そろそろ本格的に動き始めた来年の話③ | Main | こそれん »