« 反米主義 | Main | 世界の日本人ジョーク集 »

November 03, 2008

FC東京2-1仙台

隔靴掻痒。

あれだけのチャンスを外しながらも、結局スコアラーとして名を連ねたのは平山一人という不思議。これはこれで城福さんの思惑通りということなんだろうか。

立ち上がり仙台の勢いに押されちょっとタジタジになった時間帯もあったが、際どい所で食い止めつつ、何とか自分達のペースに持ち込んだ。仙台の4人のMFに対してカボレが戻ら(れ)ないので、どうしても左サイドにギャップが出来やすくなる。何度か数的優位を作られていい形まで持っていかれていた。1-0で安定させるなら、カボレを下げて鈴達を早めに入れたほうがいいと思ってたけど、今日も城福さんカボレ引っ張ったよなぁ。よくボールを奪われて、カボレのところから逆襲が始まっていたケースも多かったし、明らかに疲れているのが見えていたんだけどね。交代で言えば、赤嶺を最後入れたのも、大竹を入れるべきと思っていたオイラとしては意表を突かれた采配だった。赤嶺投入によって平山がサイドに開き気味になったりしていたので、最初はどうよと思ってみていたのだが、トップで張っているより、いい感じでゴール前へ入れるようになっていたみたい。結果的に平山を活かしたわけで、流石JFKである。

仙台は、前半あれだけ飛ばしてきたので後半は運動量も落ちるだろうと思っていたし、明らかに個人の能力に差があったから、よもや負けるとは思っていなかったが、最終ラインは走り負けてたなぁ。得点もスピーディーなポストプレーで見事なものだった。ただ、あれだけ詰めのところでミスが出てしまうと勝てるゲームも勝てない。とにかく仙台は何とかして2位にならないと。今日のゲームを観て、入れ替え戦にまわると、どこが相手であっても難しい気がした。

レフェリングも不安定で、ゲームそのものはモヤモヤしてたけど、宮もユキヒコもピッチで見ることが出来たから良かったよ(鹿島戦のときのブーイングと今日のとでは明らかに愛情が違ってたね)。ただ、山形もうちの子が多いしねぇ。どっちも頑張って欲しい。

|

« 反米主義 | Main | 世界の日本人ジョーク集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/42997412

Listed below are links to weblogs that reference FC東京2-1仙台:

« 反米主義 | Main | 世界の日本人ジョーク集 »