« 白なす | Main | 検索バカ »

October 26, 2008

FC東京3-2鹿島

開眼間近

3点目は痺れたね。ギリギリまでカボレを引っ張り(この決意が今日の最大のポイントだったと思います)、交代した2人がゴール前で得点に絡むという理想的な采配。首位相手にねじ伏せるという展開は、監督冥利に尽きるゲームですよ。

互いにきわどいシーンも作り出し、緊張感のある締まったいい前半だった。0-0で折り返し、城福さんとしても当然勝ちに行くとは思っていたものの、後半どう動くかが焦点だった。1-1になって交代カードの1枚目、ナオ→鈴達は面白いと思ったものね。ナオが悪かったわけではないが(前半にはちゃんとチャンスを作っていたし、ディフェンスも頑張っていた)、鈴達のFWとしての感性に期待したんだと思う。左に根を生やしたカボレに後半長友が絡むようになって2点目(ただ、長友のポジションがちょっと(ry )。今日は常に先手を取れたのも良かった。先行されてリトリートされると、まだ打つ手がなかったかもしれない。

そして、先制して追いつかれたことをすぐさま反省して、受けに入ることなく3点目を取りにいったことも成長の証。さて、その3点目。カボレがまたもや左サイドに侵入してDFのギャップからスルーパス。これを鈴達が斜めに入ってきてヒールで落とすと、その狭いスペースに入ってきた大竹がもつれながらゴールに押し込む(金田さんが“奇跡のゴール”と称していたぞ)。ボールも人もというところに、本当にワンタッチの狭いここって言うところが繋がったゴールだったわけで、やっと形になったなぁという感じ。相手が鹿島なだけに喜びもひとしおです。

今日はディフェンスもオフェンスもみんな集中して自分の仕事を完遂したね。あと4試合+α残っていますが、今季のベストゲームといってもいいでしょう。

|

« 白なす | Main | 検索バカ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/42914458

Listed below are links to weblogs that reference FC東京3-2鹿島:

« 白なす | Main | 検索バカ »