« リアルのゆくえ | Main | ファンタジーサッカー08 第25節レビュー »

September 23, 2008

FC東京5-1磐田

栄枯盛衰。

5点取れたのは出来すぎだが、そのうち3点がサイドを切り崩して生まれたってところがポイントだね。特に、カボレの突破に呼応して、ナオが真中のスペースに飛び込めるようになったことが嬉しい。赤嶺の魂をしっかり引き継いでくれた。まぁ、守備のミスは仕方ないよ。あの適当さ加減は直らないんだろ。諸刃の剣と割り切って、その分点を取ってくれればいい。それでも、対面の村井すら満足にケアできないんだからやっぱりちょっと怖いな。もう少し守備頑張ろう。

東京もそれなりにミスはしていたけれど、そこに付け込むことすら出来ない磐田には驚いた。いやホントに、これがあの磐田なのと思うほどの酷い出来。元気もなかったし。ベンチマークとしてきた磐田というチームはもう存在しないんだね。ちょっと哀しいよ。帰宅してからフクアリのゲームも観たけれど、これも首位と17位のゲームかというほどミスが多くて酷かったけど(酷いといえばピッチもボコボコだったな)、それでも、千葉にはまだ生気があったよ。ボールに厳しく行く気迫があった。それに比べると今日の磐田は気の抜けたコーラみたいだったね。

東京はリードして守ってカウンターというパターンが出来つつある。先制はセットプレーでも流れの中からでも、サイドを崩しても縦一発の突破でも、いろいろなところから取れるようにもなってきている。鈴達の加入でカウンターの威力は倍増した感がある。駆け込みながらいい補強だった。守備もモニがやっと戻ってきて、佐原も余計なファウルも影を潜めているし、点にも絡めるようになっているし、出場するごとに安定感が増してきている。それに、羽生、今野がいなくてもこれだけのパフォーマンスが出せるようになったんだもの。層も確実に厚くなってきている。これなら、来年ACLにも耐えうるかもね。

ここまで来れば、つまり目標はそこですよ。

|

« リアルのゆくえ | Main | ファンタジーサッカー08 第25節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/42572808

Listed below are links to weblogs that reference FC東京5-1磐田:

« リアルのゆくえ | Main | ファンタジーサッカー08 第25節レビュー »