« 手足口病 | Main | ファンタジーサッカー08 第24節レビュー »

September 14, 2008

FC東京3-1大宮

意気揚々。

体はちょっと辛かったけど観に行ってよかったぁ。前半早めに失点したけど、カボレの2度の好機もあったし、そんなに悪いとは思わなかったから、ハーフタイムに入るときのブーイングはいただけなかったなぁ。どうもG裏も辛抱が足りないというか、もう少し自分達のチームを信じるべきじゃないの。そんなスタンドのフラストレーションを感じたのか、城福さんは前半リズムに乗れずブレーキになっていたエメをスッパリあきらめてナオを入れてきた。これだけで希望は持てたね。羽生の交代はアクシデントからだったけど、結果的に正解だった(大竹のFKはやはり大きな武器ですよ)。交代メンバーが全得点に絡んだんだから采配も文句なしだ。最後に入ってきた鈴木達也は自分の役割をよくわかっていて、高い位置で走り回りながらチャンスメイクをしてた。縦へのスピードがある。石川-赤嶺-鈴木達の3トップはカウンターに最適だろうね。終盤の組み合わせとしては相手からすると相当嫌らしいと思う。

いやさ、鈴達。佇まいがなんとなくカブを思い起こさせるのだが、似てないよねぇ。なんでだろ。

|

« 手足口病 | Main | ファンタジーサッカー08 第24節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/42474004

Listed below are links to weblogs that reference FC東京3-1大宮:

« 手足口病 | Main | ファンタジーサッカー08 第24節レビュー »