« テールスープ | Main | 崖の上のポニョ »

September 07, 2008

バーレーン代表2-3日本代表

油断大敵。

当然録画で見たわけだが、最後のバタバタを除けば結構良かったように思う。ただ、パスが微妙にずれてそのたびごとにプレーが遅れていたのは気になったなぁ。あとは、失点した後のメンタルと実際のボールの落ち着かせ方をどうするかをチームの約束事としてもっておけっていうことなんだろう。

内田がクリアしきれず失点した直前に、松木が内田の疲れを指摘して交代するなり手を打つべきだと解説していたのには感心した(角は選手のことを間違ったりして相変わらずだったが)。松木のファインプレーだね。

なんにしても難しい初戦、しかもアウェーで勝ち点3は最良の結果。初戦負けたチームは本戦にいけないというジンクスもあるらしいから、まずはハードル一個クリアといったところかな。今ちゃん、出番はちょっとだったけどお疲れさん。

|

« テールスープ | Main | 崖の上のポニョ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/42403249

Listed below are links to weblogs that reference バーレーン代表2-3日本代表:

« テールスープ | Main | 崖の上のポニョ »