« FC東京1-2緑 | Main | スカイ・クロラ »

August 25, 2008

ダークナイト

クリストファー・ノーラン×クリスチャン・ベイルによる新バットマンシリーズの2作目。もうこれはアメコミヒーローのバットマンとはまったくの別物で、善と悪の対立をテーマとした人間ドラマであり、その意味でデビルマン的な哲学性を帯びてきている。1作目は、主人公ブルース・ウェイン=バットマン(クリスチャン・ベイル)本人の中における善と悪の戦いを描いたものだったが、その二項対立の構図は本作ではジョーカー(ヒース・レンジャー)という純粋な絶対悪の出現によりバットマンとの対峙という形に置き換えられる。しかし、実は物語りは二重構造になっていて、本質的なこころの善悪の問題は、ハービー・デント(アーロン・エッカート)によって引き継がれるのであった。(ネタバレ)

The_dark_knight息つく暇もない。バットマンvsジョーカー=善と悪の対立を縦軸に、レイチェルを中心としたブルース、デントの関係を横軸に物語りは怒涛のように展開していく。アクションシーンはもとより、登場人物の思いが交錯し、悲劇を生み出していくそのプロセスを我々は見ていくことになる。

この作品においてジョーカーは絶対悪であるとともに、物語におけるポジションはまさに狂言回しなのだ(だからクラウンの化粧をしている)。それは病院でデントを“トゥーフェイス”へと変貌させたことからも分かるように、ジョーカーの無垢な凶暴性に触発され、人間性そのものが破壊されていく危機こそが描きたかったことなのだろう。この作品では「信頼」という言葉が頻繁に登場する。“お互いを信じることが出来るか”というジョーカーから突きつけられた問題に、フェリーのシークェンスでは一つの救いを提示して見せるが、デントやブルースは大きく揺さぶられることになる。特にデントを復讐鬼に変えるきっかけとなった拉致爆殺事件では、バットマンはジョーカーの言葉を信じてしまったことでレイチェルを失うことになる(普通のヒーローものであれば予定調和的に両方とも助かるのに、この作品は容赦なく殺してしまう。そこが所謂ヒーロー映画と一線を画す最大の特徴)。そして、デントの恨みを買うことになる。ジョーカーを決して殺すことの出来ないブルース=バットマンの人としての正しさが、結果大事な人を失うことにもなってしまった不条理。絶対悪の前になすすべもない正義。このジレンマに見ている我々もさいなまされることになる。前作から引き継がれたテーマではあるものの、本作ではやや宗教的色彩も濃くなっているように思う。あなたは正義を信じますか。そして貫き通すことが出来ますか。この映画はそのことを我々に問いかけてくるのだ。

さて、ちょっと重めのテーマだが、エンターテイメントとしての見所は満載、というより全編見所といってもいいぐらい充実している。テンポのいいストーリーの上に、ファイトにカーアクションに大爆発がテンコ盛り。役者ではやはりヒース・レンジャーが秀逸。ジョーカーの異常性をこれでもかというほどリアルに演じた。特にあの物を食べているかのようなしゃべり方。精神的な疾患性を上手く表現していたのではないだろうか。あのディテールへのこだわりこそがジョーカーというキャラクターのリアリティと狂気を創出していたのではないだろうかと思うのだ。また、レイチェル・ドーズは前作のケイティからマギー・ギレンホールへスイッチ。ブルースとデントの間を揺れる女性を好演している。シナリオ、演出、役者の三位が一体化したこの作品。今年一番と言っても言いすぎじゃない。

ところで、デントと警官殺しの汚名を受けてまで、デントの持っていた希望としての象徴性を守ろうとしたバットマン。正義の味方なのに民衆からは悪の存在として追及されるというこの構図、日本のコミックスやアニメでもあった様な気がするのだが…

|

« FC東京1-2緑 | Main | スカイ・クロラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/42199065

Listed below are links to weblogs that reference ダークナイト:

« FC東京1-2緑 | Main | スカイ・クロラ »