« SOCIOの定義 | Main | ファンタジーサッカー08 第20節プレビュー »

August 07, 2008

みんなあんまりサッカーのこと気にしてない

大分1-1FC東京(ナビスコ杯準々決勝第2レグ)
ナビスコは敗退。現地まで行かれた方々お疲れ様でした。
公式戦で勝ちきれない状況が続くけれど、まったく駄目という訳でもないし、どこかでスイッチが入ってくれれば波に乗っていけるような気もするのだが。ここはしばらく辛抱のときなんでしょう。昨年と違って勝ち点を拾っているので、これは最後になって効いてくると思う。

なでしこジャパン2-2ニュージーランド代表
ワンセグ観戦。数字がにじんで点数が良く判別できず、しかも飲み会の最中だったので試合経過も良くわからず。試合後のコメントなどを読んでいると、レフェリングも含めてレベルはまだ低い。また、例のごとくFIFAランキングは当てにならず、1位のアメリカも5位のノルウェーに負けてしまった。結局信じられるのは己の力のみ。勝ち点1で終わったことを嘆くより、次の2試合でそれ以上の戦果を得ることを考えればいいじゃない。頑張れなでしこ。

で、昨日の飲み会のとき、会社の女の子とスポーツ観戦の話になった。
彼女いわく「サッカーは良くわからない」とのこと。野球の方がまだ身近な存在(球団とか選手を誰かは知っている)のようで、見ていても攻めと守りが分かれて交互に来るのでわかりやすいという。しかも、途中酔っ払っても試合経過はスコアボードに残っているし、最終回を見ればとりあえず全部見たことにはなる。ところが、サッカーは全体的にごちゃっとなっていて、何がなんだか。応援する方が攻めている方向を教えてもらって、そっちへ行ったらワーッと言ってたら、いつの間にか後半になっていてそっちじゃないと怒られたとか。サッカーは90分の映画みたいなものと説明すると、「じゃ、野球は連ドラだね」だと。1回や2回見逃しても会話には入れるし、最終回見ればそれでOK。映画は最初から最後まで集中してみないといけないから疲れるらしい。それに、価格も野球だと1000円ぐらいで手軽。2000円となるとちょっと高い。もうちょっと安くしないと、500円ぐらいとか。
なでしこを横目で見ながらこんな話をしていたわけでさぁ。

このレベルの人間まで集客のターゲットとして考えるのかは非常に悩ましい。ただ、いずれにしても、“彼女にとってサッカーは身近な存在ではない”ということがすべての入り口なんだと思う。これは一クラブというよりは、代表試合の集客問題に象徴されるサッカー界全体の問題なのだろう。その意味で、今回の五輪は国内サッカー活性化のためにとても大事な大会なのだ。ここで10番と長友が活躍してくれるだけで、もしかしたら我が軍の後半の入場者は増えるかもしれない。そうなれば、チーム的には苦しいながら北京に送り込んだ甲斐もあろうってもんだ。

今日は仕事でライブでは見れないんだが、とにかく頑張れ10番。いや、ニッポン。

|

« SOCIOの定義 | Main | ファンタジーサッカー08 第20節プレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/42095209

Listed below are links to weblogs that reference みんなあんまりサッカーのこと気にしてない:

« SOCIOの定義 | Main | ファンタジーサッカー08 第20節プレビュー »