« ファンタジーサッカー08 第22節プレビュー | Main | ダークナイト »

August 24, 2008

FC東京1-2緑

因果応報。

ハッキリ言って負けた気がしない。勝てる試合だったし、勝たなければいけない試合だった。自らの拙さゆえ失ったこと、それは選手たちも分かっているようだ。

大黒が狙っているのは先刻ご承知のはずなのに裏一発にやられてしまったし、最後の那須の一発にしても気持ちだけが焦って集中を切らしてマークミスだったんだろう。キッチリ見るべきところで放してしまうのは、周りを見ている余裕がないのか、それともそもそも集中力欠如なのか。もったいなさ過ぎる。

前半は前からの守備で特に右サイドからの崩しが効果的だった。ただ中の詰めが問題。ディフェンダーの背後から前へ出て行く動きとか、赤嶺もまだまだ工夫が足りない。陽平も相変わらずシュートが枠に飛ばないし。救いはカボレのゴラッソ・ゴールだけか。カボレがサイドに開く形は意外に利いていたように思うし、やっぱり赤嶺のほうがコンビとしてやりやすそうだ。

後半の幻の2点目は狙いとしてはいいんだよ。押し込んでバイタルが空いたところをコース作ってミドル。長友いいシュートだっただけにね。残念(あの時は土肥がオフサイドラインで、今野がオフサイドポジションでボールに関与したと見做されたとのこと。微妙だな)。だから、あのパターンをもう少し出せたらサイドからの崩しも活きると思うのだね。やっぱり中のスペースとシュートコースの作り方の工夫が足りないんだろうな。みんな、ボールホルダーの方を見ながら一斉にゴール前へ殺到するようなイメージがある。もうちょっとディフェンスの陣形とか見ればいいのにって思うんだけど。

後半途中から、完全に相手の足が止まっていて、こっちがもう一つ二つ仕掛ければ絶対抜けたはずなのに、逆に中盤が省略されてしまったために、カウンターのゴール前勝負合戦になってしまう。こういうときこそ落ち着いてポゼッションサッカーじゃないのか?チェックが相当緩くなっていたから、キープできたし、それこそアタッキングサードの動きにはついて来れなかったはずだ。シュートで終われず中途半端に取られるからカウンター合戦になってしまう。逆転はCKからだけど、それは結局ゲームマネジメントの拙さの結果なんだろうな。今日の負けが後引かないといいんだけどね。

なんだか、ケツの方が熱くなってきてませんか。気のせい?

|

« ファンタジーサッカー08 第22節プレビュー | Main | ダークナイト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/42251787

Listed below are links to weblogs that reference FC東京1-2緑:

« ファンタジーサッカー08 第22節プレビュー | Main | ダークナイト »