« 東京1-1千葉 | Main | ファンタジーサッカー08 第14節レビュー »

July 01, 2008

ユーロ閉幕

ユーロ閉幕

ドイツ0-1スペイン

ついに終わってしまいましたが、千秋楽にふさわしい好ゲームでしたねぇ。

ドイツって国は、劣勢の中でも完全に崩せていなくてもフィジカルの優位を活かしてしぶとく得点してくるのだけれど、今回ばかりはスペインの「サッカー」がゲルマン魂を上回った。そしてそのスペインも攻撃力の方に目がいきがちだけど、実際今回の優勝はディフェンスの勝利といってもいいのではないか。マルコス・セナが中盤の底で敵のボールの出し処を抑え、セカンドボールを拾いまくる。最終ラインはプジョルのコーチングに支えられて、最後まで集中が切れることがなかった。敵ボールになった時の自陣への戻りの早さも特筆すべき点だろう。皆がサボることなく守備をキッチリこなしていた。大会通じて3失点(トーナメントに入ってからは全試合完封)は見事としか言いようがない。
攻撃では20代前半の若いプレーヤーたちがその才能を遺憾なく発揮していた(セスクやS・ラモスなんてこの先どんなことになるのやら)。パス本数少なく一気にゴール前というカウンターでの得点が多い中、ダイレクトパスを多用し、人もボールも動かしながら相手を崩していくサッカーは本当に見ていて楽しい。アラゴネスの「私たちは、サッカーの本来あるべき姿を示した」の言こそ、この大会の、そしてスペインの優勝の価値を端的に表している。今回のスペインはスピード(走力、判断、サポート、パス)と技術が、体の大きさやパワーを凌駕しうるということを実証して見せた。これは日本にとっても大きな意味を持っていると思う。現場で間近に見たノビ太は何を思うのだろうか。

最後に個人的なベスト11を(スペインのレギュラー=ベストなんだけど、印象に残った選手を)敢えて選んでみる。
GK カシージャス(スペイン) 準決勝のブッフォンとの対決は見事。
DF セルヒオ・ラモス(スペイン) 運動量、攻撃センスともに抜群。しかも若い。
   プジョル(スペイン) 一時は衰えの声も聞こえたが、今大会は若いチームの精神的柱として最終ラインから鼓舞し続けた。
   ぺぺ(ポルトガル) 得点よりも堅実な守備。
   ラーム(ドイツ) 守備に難点は抱えるが、前への推進力は買い。
MF マルコス・セナ(スペイン) スペイン優勝の立役者。決勝ではゴール前への飛び込みも見せた。
   バラック(ドイツ) やっぱりこの人は凄いよ。
   アルティントップ(トルコ) 不屈の魂。運動量に優れる右サイドのユーティリティプレーヤー。
   C・ロナウド(ポルトガル) ドイツ戦では消されてしまったが、やはりドリブルとシュート力は脅威。
   シャビ(スペイン) 大会MVP。つないで守ってラストパス。
FW パブリチェンコ(ロシア) 高さ、スピード、シュートも上手い。

4-1-4-1
--------パブリチェンコ--------

C・ロナウド--シャビ--バラック--アルティントップ

--------マルコス・セナ--------

ラーム---ぺぺ---プジョル---S・ラモス

--------カシージャス--------

substitute
GK ブッフォン(イタリア) スカーフ外したのがいけなかったのでは…
DF キエッリーニ(イタリア) カテナチオを受け継ぐ希望。
   カブデビラ(スペイン) いぶし銀の魅力。
MF デコ(ポルトガル) 今大会はパフォーマンスよかった。
   スナイデル(オランダ) シュート力は抜群。
   イニエスタ(スペイン) 右も左も自由自在。
FW F・トーレス(スペイン) がむしゃらだけではない。技術とスピードが融合。
   アルシャービン(ロシア) チャンスメイクもフィニッシュもセンスがある。

まぁ、とにかく今回はサイドを制する者がゲームを制する大会でもありました。SBのポジションで力関係がわかるといっても過言ではないでしょう。この流れがJにもいい影響を及ぼしてくれるといいのですが。

|

« 東京1-1千葉 | Main | ファンタジーサッカー08 第14節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/41701167

Listed below are links to weblogs that reference ユーロ閉幕:

« 東京1-1千葉 | Main | ファンタジーサッカー08 第14節レビュー »