« ラブホテル進化論 | Main | 夏が来た、かな »

July 06, 2008

浦和2-0東京

実況の野路、FCFCうるせーよ。

立ち上がり気持ちが入ってなかったし、マークもルーズだった。タナタツにまんまとやられちまったい。前半、東京は縦一本の単調な攻め。3バックのサイドの裏を突いて、DFを寄せたり、DFの間のスペースを作ったり、釣男を引き出したり、と相手が嫌がることをもっとやらなきゃいけなかったのに、それが出来始めたのは相手がかなり守りに入り始めた70分ごろから。惜しいシーンもいくつか作れたので、やっぱりサイド攻略は効果があるのさね。どうにもゲームプランが拙かったな。まったくムービングできない時にどうするか。動いてもなかなか崩せない時にどうするか。自由にさせているだけに、どこかで最低ラインを引いておく必要はあるのではないかなぁ。とにかくシュートにたどり着く前に奪われてカウンターのパターンだけは回避できるようにしておかないと、今後も余計な失点を重ねることになる。

まだ半分終わってないんだから、今の順位が実力だとは努々思うまい。ただ、勝ちたいだけならいくらでも他のやり方はあるだろう。あえてそれをやらない以上、信じてやるしかないじゃない。

|

« ラブホテル進化論 | Main | 夏が来た、かな »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/41751613

Listed below are links to weblogs that reference 浦和2-0東京:

« ラブホテル進化論 | Main | 夏が来た、かな »