« ファンタジーサッカー08 第16節レビュー | Main | ファンタジーサッカー08 第18節プレビュー »

July 17, 2008

東京1‐1G大阪

一進一退。

少なくともナオを代えたことでチームのリズムが悪くなったことは、見ているみんなが感じたことではないかと思うですよ。

立ち上がりのガンバの攻勢に気圧されて、安田にいいボールを放り込まれ、シオが見送ったその先にルーカスが飛び込むという、まったくもってありがたくない失点からスタートしたこのゲーム。このままズルズル行くんじゃないかと心配したが、意外にも敵さんが先制してから急におとなしくなってしまったので、こちらも落ち着きを取り戻すことができた。そこからは東京の右サイドが全開。ルーカスが中に入りたがるので、ここで2対1の優位が作れたのが大きい。長友と安田のマッチアップはさすがに見応えがあった。
それにしてもナオだね。よかったね。単騎でむりくり突っ込んで行っては潰されていた去年と違い、周りとパスをつなぎながらサイドのスペースを突いていっているから効果的な突破ができている。彼のスピードも生きている。いいシュートもあったしね。で、サイドからゴリゴリやれば中央や逆サイドにも隙ができるわけで、ナオは後半戦に向けて東京の大きな武器になると確信したよ。
さて、ジンクスどおり今回も負けなかったが、“キセルサッカー”にやられなくてよかったと思うとともに、“勝てたかもしれないゲーム”であったとも思う。相手のコンディションが相当悪かったので、助かったところもあるし、なぜそこを突けなかったかという思いもある。ナオと長友が作り出す小気味いいサイド攻撃のリズムを敢えて崩した指揮官の狙い(前線でのタメを作る)は結果的に果たせなかったわけで、いまひとつ、城福さんという監督の器量が読みきれない。サリーのアンカー、徳の左、右サイド攻略と戦術的にも当たってただけに、何かもったいなかったゲームなのだ。

|

« ファンタジーサッカー08 第16節レビュー | Main | ファンタジーサッカー08 第18節プレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/41884387

Listed below are links to weblogs that reference 東京1‐1G大阪:

« ファンタジーサッカー08 第16節レビュー | Main | ファンタジーサッカー08 第18節プレビュー »