« 北京はまかせろ | Main | ぼちぼち結論 »

July 27, 2008

東京1-1横浜

九死一生。今日もありがとうクロスバー。

双方のおかれた立場がそのまま出たようなゲーム。それにしても横浜のディフェンス陣の老朽化がここまで進んでいようとは思わなかった。それを打ち破れなかった東京の攻撃陣の方がもっと問題だとは思うが。

今日はエメとカボレを代えてからゲームにならなかった。前線でタメが作れず、前へ蹴ってはボールを失いカウンター気味に攻められるの繰り返し。久しぶりにシュート打てコールも出た。たったの7本では無理もない。とにかく後半はシュートを打てる状況すら作り出せず、何度かスペースに虚しい無人パスが走っていくだけだった。梶山が居ないので縦に早いサッカーになるんだろうなと思ったが、その意味でエメは利いていたと思う。実際得点もカウンター気味に、見事なトラップからだったし。慎吾も頑張っていたがもう一歩。1対1を股下抜きで決めていればヒーローだったな。一方で、交代で入った3人は期待はずれ。もっと走らないといけないのにぜんぜん走れてないんだもの。夏場のゲームの終盤、苦しいのは見ているほうも分かっている。だけど、そこでもう一踏ん張り動かないと勝ちきれないということは選手も分かっているだろう。だったら、やらないとね。技術の問題ではない、そーゆーこと。

|

« 北京はまかせろ | Main | ぼちぼち結論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/41982925

Listed below are links to weblogs that reference 東京1-1横浜:

« 北京はまかせろ | Main | ぼちぼち結論 »