« 京都1-1東京 | Main | ファンタジーサッカー08 第18節レビュー »

July 22, 2008

08年の降格ライン予想

パラララッパラー

この時期、自分の中で毎年恒例になりつつあるJ1降格ライン予想。我が軍の心配から始まった予想だが、幸いなことに今のところチームがこれに引っかかったことはない。今年は一応ほっといても大丈夫だとは思うが、とりあえずやってみる。ちなみに、昨年はまぐれにしても的中

さて、過去3年のJ1で見ると、折り返しの時点で最下位チームは必ず降格している。勝ち点で最も多いのは05年の神戸で11。なので、お気の毒だがお犬様は来年はJ2で頑張っていただくことになるだろう(ほぼ当確)。問題はもう1チームと入れ替え戦チームがどこになるかということなんだが、今年はまれに見る団子レースで中位がぐちゃっと固まっている。昨年の例で言えば、折り返し時点で22あった広島が入れ替え戦に回っていることを考えると、負のスパイラルに入ってしまうと現時点で20数ポイント持っていたとしても安心はできないということ。ただ、10点台のチームはやはりかなりの確率で最後の3チームに入ってくるだろう。今から覚悟しておいた方がいいかも(名門ピンチ)。あとは23ぐらいまでの7チームが対象かな。後半戦立ち上がりの様子を見ると大宮がちょっとやばそうな雰囲気がある。サポーロも実際は厳しい。特に得失点差が離されているので、これはチーム力自体差があるということでもある。前線の補強などをしてはいるが、残留へは他力本願的な状況か。

目安の数字の方は今年は難しいなぁ。団子状態なので残留ボーダーは結構高くなるかも。38とか39とか。ということは、36、7とっても入れ替え戦はありうるということか。どうですかねぇ。38にセットしたとして、単純に千葉は9勝1分、札幌は7勝1分(6勝4分)、横浜は6勝2分がノルマとなる。残り試合数は16。たった1勝2勝が難しい下位争い。痺れますなぁ。

|

« 京都1-1東京 | Main | ファンタジーサッカー08 第18節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/41934805

Listed below are links to weblogs that reference 08年の降格ライン予想:

« 京都1-1東京 | Main | ファンタジーサッカー08 第18節レビュー »