« ユーロ6日目 | Main | ユーロ8日目 »

June 15, 2008

ユーロ7日目

今日も飲んで帰る。昨夜の再現。ただ、なぜか明け方4時に目が覚め2試合目の後半をライブで観る。頭が朦朧としている。

イタリア1-1ルーマニア

踏んだり蹴ったりのイタリア。これだけ実力差があるのになぜこのスコアになるのか、サッカーは不思議だ。デル・ピエロがスパイスになって、ありとあらゆるアイディアが試されたが、ルーマニアのゴールは遠かった。イタリアってこんなにFW欠乏してたっけか。トニと心中するほどタレントに不自由しているとは思えないんだがなぁ。確かにルーマニアの方もロボンツという発見を中心に構築されたディフェンスは最後まで集中が切れなかった(エアポケットのような56分の点を除いて)。決めることが出来なければ相当の苦難が降りかかるのはサッカーの常。なんだかわからないPKも神の采配だな。それにしてもブッフォン、スカーフがお洒落。自らが神となってアズーリの未来を救う。やっぱり、ルーマニアがキーになりましたね、このグループは。

オランダ4-1フランス

もう笑うしかないですよね、この結果は。いや、フランスが負けたということではなく、最終節の舞台をイコールイーブンにするために4点目が入ったとしか思えませんもの。まぁ、よくわかったことはオランダに先制点を与えてはいけないということでしょう。うかつに前へ出れば強力なカウンターの餌食になるということです。まさにオレンジ地獄。唯一の失点は、右サイドからのクロスをアンリがほんのちょっとさわって角度を変えた超精密シュート。あれはアンリならではというゴールだったけど、オランダのディフェンスも隙がないわけじゃない。特に後半入ってからのアンリが抜け出しGKと1対1になった場面なんかみるとやりようはある。ただ、あのループショットは決めないとねぇ…。 “普通のアンリ”だったら決めそうなもんだったけどなぁ。

さて、これで最終節のフランスvsイタリアはガチです。現時点でルーマニアの後塵を拝してはいますが、よもや両チームとも残らないということはないでしょう。グループA同様壮絶な戦いになるでしょうね。フランスもイタリアも世代交代が進んでおらず、相変わらずベテラン頼みの編成。他方オランダは20代前半の選手が多く、これはポルトガル、スペインも同様の傾向。チームの勢いの差は案外こんなところに起因しているのかもしれないと思うのでありました。

|

« ユーロ6日目 | Main | ユーロ8日目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/41529878

Listed below are links to weblogs that reference ユーロ7日目:

« ユーロ6日目 | Main | ユーロ8日目 »