« ファンタジーサッカー08 第10節プレビュー | Main | 東京0-1名古屋 »

May 04, 2008

大宮0-3東京

球に乗るFWはネタなのかぁ?なゲーム。

Photo

Photo_2

Photo_3

両チームともコンパクトにして繋いで崩していこうとするサッカーを志向して、おそらく前半は奪い合いに終始してなかなかいい形が作れないのではないか(0-0上等)と思っていたが、あっけなく2本の縦パスで2点取れてしまうのだから分からない。大宮の最終ラインがあまりにもボーっとしていたために、裏のケアが全く出来ておらず、2点ともGKとの間のスペースに蹴りこんだのが点に結びついた。1点目は10番が後ろから入り込んでフリーでヘッド(長女誕生おめ。今日張り切ってたのはそのせいだったのねん。そんなことなら、毎試合ゆりかご目標でやってほしいなぁ)。2点目は出てきたGKをあざ笑うかのようにカボレがかるーいループをゴールに流し込んだ。

大宮はデニス・マルケスに入れた後のアイディアがなく、所謂アタッキングサードの動きが全くない。相棒のペドロ・ジュニオールが前半途中からほとんど動かない。これではいくらフジモニでも崩すことは出来ない。そういえば、15分ぐらいに小林大吾が足の裏を攣ったようなしぐさをしていたが(その後75分に途中交代)、大宮の選手全員の体が重そうだったのは気のせいか。

さて、異様な盛り上がりを見せた後半。ピンチキッカーとして投入された大竹タイムのあと、お疲れのカボレ先生に代わってピッチに入ったのは平山。G裏はしきりにコールしていたが、オイラはシュートの打てないFWに絶望したよー。長友のゴールを誘発したとはいえ、その前に自分で打つタイミングはいくつもあったはず。カウンターで長友が長駆上がった時も結局ゴール前には間に合わず。何度も球に乗ってはこけそうになる。はぁ。その後入ったユースケはシュートも積極的だったし、チャンスメイクもしていただけに、余計にその場にいることの不似合いさ加減が増幅される。ホントに皆さん苦笑されてました(いや、爆笑かな?)。今後どうするんでしょうか。

さて、いつの間にやら勝ち点は首位と同点の2位です。不思議ですよ。スタメンで昨年のメンバーでいなかったのはカボレだけ。改めてチームマネジメントの重要性を思い知らされるのでした。次節は10番がいません。でも、そんなの関係ない感じで名古屋をぶっ叩きましょう。

|

« ファンタジーサッカー08 第10節プレビュー | Main | 東京0-1名古屋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/41081838

Listed below are links to weblogs that reference 大宮0-3東京:

« ファンタジーサッカー08 第10節プレビュー | Main | 東京0-1名古屋 »