« 大宮0-3東京 | Main | ファンタジーサッカー08 第10節レビュー »

May 06, 2008

東京0-1名古屋

上位にいるだけあって相応にガチなゲーム。

いやさ、こっちがやりたいゲームを相手にやられてしまったね。厳しいフォアチェックに中盤から後ろがたじろいでしまいミスを連発。中盤での奪い合いからポロッとこぼれたボールがどっちに出るかは運次第のところもあったが、これほどまでにボールに対してネチネチ絡んできた対戦相手も今シーズンなかっただろう。プレッシャーを受けた時にどんなプレーが出来るかがこれから上位陣、強豪とぶつかる上で重要になってくると思う。その意味で、この名古屋戦は試金石だった。つまり、まだまだ足りないということ。

確かに、こんな時にいれば必ず何かをやらかしたであろう男が有給休暇だったのは不運だった。しかしいないものは仕方ないし、その代わりどうするか考えるのが監督の仕事なのだが、今日はちょっと城福さんにしては策がなかったかな。羽生のコンディションはまだ十分とはいえなかったし、投入した前3枚の動きも今ひとつ整理されていなかったような気がした。カボレのどうでしょうファールでせっかくいただいたPKもユースケが謙虚に返上してしまいホーム初黒星となってしまったが、決定機は圧倒的に名古屋だったから、ここは素直に力負けを認めるべきだろう。

その名古屋は、とにかく負け癖を止めたいということで、戦前東京には守備に行くのではないと言っていたわりには切るカード切るカード守備的になっていくミステル。背に腹は代えられないというわけだな。それにしてもヨンセン効いてたなぁ。リトリートしてからは、とにかくヨンセンにあてとけば何とかなるって感じで、どんどん放り込んでたけど、だいだい何とかしちゃうんだから凄い。ヘッドは強い、キープ力もある、意外に足も器用。周りも使える。でかくて懐も深い。マークに着いたフジの胸のあたりに腰がある感じだった。それにあの献身的な守備。終盤あれだけボールを追いまわした外国人選手なんて初めて見たかも。今日のMOMですな。敵ながら天晴れです。

気を取り直して、すぐ土曜日がやってくるよ。

|

« 大宮0-3東京 | Main | ファンタジーサッカー08 第10節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/41114021

Listed below are links to weblogs that reference 東京0-1名古屋:

« 大宮0-3東京 | Main | ファンタジーサッカー08 第10節レビュー »